09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ネアラ1 記憶をなくした少女と光の竜 


2006.02.21
Tue
23:34

『ネアラ1 記憶をなくした少女と光の竜』/ティム・ワゴナー (著), 安田 均 (翻訳), 柘植 めぐみ (翻訳)
単行本: 445 p ; サイズ(cm): 21 x 15 出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757724683 ; 1 巻 (2005/10/28)

出版社 / 著者からの内容紹介 森の中で目覚めたとき、少女には記憶がなかった。唯一覚えているのはNearra(ネアラ)という名前だけ。3匹のゴブリンに追いかけられ、雌のグリーン・ドラゴンのSlean(スレアン)に食べられそうになったところを、白ローブの魔術師Maddoc(マドック)とその従者でレンジャーの少年Davyn(ダヴィン)に助けられるが……。魔法、神々、ドラゴン、騎士道、ダンジョンがフル登場の冒険物語!

内容(「BOOK」データベースより)
全世界5000万部、米ファンタジーの金字塔『ドラゴンランス』が満を持して贈る、少年少女から大人まで読める完全新作。記憶をなくした少女ネアラは、行く先々で導かれるように女戦士やエルフ、モンスターを仲間にする。しかし、そこには仕組まれたワナが…。威厳があって優しく、親しみのもてる銅竜、高圧的で残虐だがシニカルな魅力がある緑竜。エルフに黒ドワーフ、ミノタウロス、ゴブリン、オーガーなど、旅の仲間はもちろん、悪役ですら魅力的。大峡谷、古代都市が眠る地下迷宮、忘れられた神殿…。今、大冒険が始まる。
スポンサーサイト

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« トワイライト(2)血は哀しみの味  | h o m e |  トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/75-1dd0ec08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。