10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

サミング・アップ 


2007.05.17
Thu
00:30

サミング・アップ (岩波文庫 赤 254-10)サミング・アップ (岩波文庫 赤 254-10)
(2007/02)
モーム

商品詳細を見る

訳者あとがきより
本書は20世紀前半を代表するイギリス作家の一人であるサマセット・モーム(1874-1965)の回想録である。モームは日本で紹介されてから既に70年近くになり、一般読者にもかなりよく知られている。作者自身は「本書は自伝ではないし、また回想録というのでもない」と述べているが、確かにいろいろな要素が混じっている。モームという人と文学について知るのに、これくらい適切な書物はない。本書はモームが64歳のときに発表されたが、少し以前からぜひこれだけは書き残したいと念願したことを、誰にも気兼ねせず、洗いざらい、死ぬ前に整理したいというので執筆したものである。
スポンサーサイト

category: ESSAY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ヒューゴ・ペッパーとハートのコンパス  | h o m e |  夜の旅その他の旅 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/549-c97d3414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。