06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

空ばかり見ていた 


2015.12.11
Fri
02:19

空ばかり見ていた (文春文庫)
文藝春秋
吉田 篤弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 空ばかり見ていた (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
小さな町で小さな床屋を営むホクトはあるとき、吸い込まれそうなくらい美しい空を見上げて、決意する。「私はもっともっとたくさんの人の髪を切ってみたい」。そして、彼は鋏ひとつだけを鞄におさめ、好きなときに、好きな場所で、好きな人の髪を切る、自由気ままなあてのない旅に出た…。流浪の床屋をめぐる12のものがたり。
スポンサーサイト

category: クラフト・エヴィング商會

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« シェルシーカーズ  | h o m e |  鹿の王(上)生き残った者 »

コメント

感想
流しの床屋ホクトをめぐる12の物語。最初は他の人の物語にホクトが入り込んで来る形の話だったが、最後はホクト自身が主人公となるファンタジーで幕を閉じる。そこはかとなく柔らかな気持ちになる短編集で、いつまでも読み終えたくないような感じ。つむじ風食堂のある月舟町の住人も登場するので、あのシリーズが好きな人にも必読の書。アインシュタインの言葉と7つの星のようなラインストーンがついたしおりを使っていたが、読み終えてみると、それがぴったりだったことに気づいて嬉しくなった。7つの星はやはり北斗七星を連想させるし、アインシュタインの言う「神秘」も、時折垣間見える不思議にふさわしい。
【2015/12/23 00:09】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/2027-a161a504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。