05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ないもの、あります 


2015.10.29
Thu
04:14

ないもの、あります (ちくま文庫)
筑摩書房
クラフト・エヴィング商會

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ないもの、あります (ちくま文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


内容(「BOOK」データベースより)
よく耳にするけれど、一度としてその現物を見たことがない。そういうものがこの世にはあります。たとえば「転ばぬ先の杖」。あるいは「堪忍袋の緒」。こういうものは、どこに行ったら手に入れられるのでしょうか?このような素朴な疑問とニーズにお応えするべく、わたくしどもクラフト・エヴィング商會は、この世のさまざまなる「ないもの」たちを、古今東西より取り寄せて、読者の皆様のお手元にお届けします。文庫化にあたり、新たに3品を加えました。
スポンサーサイト

category: クラフト・エヴィング商會

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 崖の国物語(1)深森をこえて  | h o m e |  天使たちの課外活動(5)笑顔の代償 »

コメント

感想
舌鼓、左うちわ、針千本、思う壺…そんな言葉を実体化させて商品として売るという内容。駄洒落のようでいて、ちゃんと意味は通っている。こういう言葉の遊びは大好き。読みやすく綺麗な色使いの中身のデザインも含め、全体の雰囲気はデザイナーとしての仕事のように思えてしまうが、巻末の赤瀬川原平寄稿の「とりあえずビールでいいのか」が、言葉にこだわる文学であることをしっかり印象づける。
【2015/10/29 06:44】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/2019-125f8d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。