03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

アナ・トレントの鞄 


2015.08.08
Sat
23:25

アナ・トレントの鞄
新潮社
クラフト・エヴィング商會

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アナ・トレントの鞄 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
遠くから見つめていたものがいまなら手に入るかもしれない。時空を越えた旅とあたらしい商品カタログ。


<抜粋>

  いまはもう昔――、
『ミツバチのささやき』という映画を観たとき、主人公を演じるアナ・トレント嬢が手にしている鞄が気になった。
 気になったというか、あるいはもっと単純に「気に入った」というべきか――。
 その鞄をいつか手に入れたいと夢見るうち、誰かに奪い取られたかのようにごっそりと時間が流れた。

 時移り、二〇〇三年九月。
 スペインはサン・セバスチャンで開かれた映画祭のポスターに、『ミツバチのささやき』をモチーフにした不思議な写真があらわれた。
 奥行き長く伸びる線路の上にふたりの少女を配し、三十年前の映画の一シーンを再現している。ひとりは線路に耳をあててうずくまり、ひとりはこちらを見据えて線路の上に立っている。
 かつての一シーンのとおり、立っているのはアナなのだが、驚いたことにそのポスターのアナはよく見るとかつての少女ではなく、成熟した女性として、しかし少女のときの格好のまま、こちらをじっと見つめている。
 時のパースペクティブを思わせる線路の上には、あの懐かしき鞄も健在だった。

 そこでふいに、「もういちど」という言葉が頭をよぎる。
 長らく気になっていた――いや、気に入っていたその鞄をどうにかして仕入れ、我がクラフト・エヴィング商會のあたらしい商品カタログに紛れ込ませたい――
  いまいちど手をのばしてみて、それがまだそこにあるのかどうか確かめてみたい。

 かくしてふたたび、仕入れの旅に出かけることになった。
 古今東西、あらゆる時空へ向けての仕入れの旅。
 ここに集められたのはそのひとまずの成果と言っていいかどうか――。
 探したのは、あくまで「アナ・トレントの鞄」だったが、時のパースペクティブは、魅力的でとんちんかんな寄り道をつぎつぎ用意して待ち構えている。
 このカタログに並んだのは、さしずめ鞄の中身ということになるだろうか。
スポンサーサイト

category: クラフト・エヴィング商會

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 注文の多い注文書  | h o m e |  テーブルの上のファーブル »

コメント

感想
全てこの世にありそうで、ないもの(もしかしたらあるかも?)、「ないもの、あります」CE商會オリジナルの商品カタログとその物語。あっても役には立たないが、こういう商品が欲しかったと思える素敵な品ばかり。そういう商品は文字だけでは想像するのも難しいが、ちゃんと実物を作って写真を載せてあるのが楽しい。本に対して同じ嗜好を持ち、それをベースにアイデアを話し合える相方がいるって、最高に楽しいだろうなと感じた一冊。ものすごく羨ましい!
【2015/08/08 23:40】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/2006-0fa7521a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。