06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

The Lord of the Rings (Complete版&Audio Books) 


2006.01.02
Mon
01:11

『The Lord of the Rings』/J. R. R. Tolkien (著)
ペーパーバック: 1168 p ;
出版社: Houghton Mifflin (P) ;
ISBN: 0618343997 ; (2003/07)

Amazon.co.jp
本書はトールキンの『The Lord of the Rings』(邦題『指輪物語』)3部作を1冊にまとめた保存版。竜スマウグ、『Paradise Lost』(邦題『失楽園』)の誇り高きサタンを彷彿とさせる冥王サウロン、地底の怪人ゴクリ、ほろび山、魔法の指輪が呼びさます恐るべき邪悪な力…。次々と登場するいまわしき敵を相手に、ホビット族のフロド・バギンズとその仲間たちが繰り広げる壮大な戦いをつづった長編冒険小説だ。

本書の登場人物は善人も悪人も皆人間の姿かたちをしていてわかりやすい。さらにトールキン自身の古英語に対する深い造詣と熱心なキリスト教信仰に裏打ちされた「ミドル・アース(中つ国)」の緻密な描写により、物語はいっそうの現実味を帯びている(本書とよく並び称される、友人C.S.ルイスの『The Chronicles of Narnia』(邦題『ナルニア国物語』)について、トールキンは内容自体はおもしろいが緻密な描写が足りないと批判している)。

今日まで出版されたペーパーバックの実に10分の1が、トールキンの何らかの影響を受けた作品だといわれている。「ファンタジー文学」、それはホビットを生き生きと描くことでトールキンが築きあげた世界なのだ。だが仮にそういったジャンルが存在しなかったとしても、その結果ロバート・ジョーダンの『The Path of Daggers』が世に出ていなかったとしても、指輪をめぐるこのトールキンの壮大な叙事詩は間違いなく後世まで語り継がれたことだろう。


<Audio Books>

『The Fellowship of the Ring: Book One of the Lord of the Rings (Lord of the Rings / J.R.R. Tolkien (Audio)) アメリカ版』/J. R. R. Tolkien (著), Rob Inglis (著)
言語:英語
CD:
出版社: Recorded Books ;
ISBN: 0788789813 ;
Unabridged 版 (2001/12/01)


『The Two Towers (Lord of the Rings / J.R.R. Tolkien (Audio)) アメリカ版』/J. R. R. Tolkien (著), Inglis Robert (著)
言語:英語
CD:
出版社: Recorded Books ;
ISBN: 078878983X ;
Unabridged 版 (2001/12)


『Return of the King: Book 3 of the Lord of the Rings (The Lord of the Rings, Book 3) アメリカ版』/J. R. R. Tolkien (著)
言語:英語
CD:
出版社: Recorded Books ;
ISBN: 0788789848 ;
Unabridged 版 (2001/06)
スポンサーサイト

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 城塞(ザキープ) (上)  | h o m e |  Felicity Wishes Big Book of Magical Mishaps »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/20-a8cb4ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。