05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

トゥルークの海賊(4) 


2015.05.07
Thu
05:54



§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
ジャスミンには女友達がほとんどいない。だから、その貴重なひとりであるエルヴァリータの就任式に、どうしてもどうしても駆けつけたかった。一方、エルヴァリータは闇の神の託宣により最高位への昇格が決定した以上、どうしても是が非でも、ルウに就任式に参列して欲しかった。かくして、何が何でも絶対に二度とトゥルークには降りたくないダイアナとルウは「そこを何とか」とくどかれまくることになる。この事態にすねまくる彼らは手に手を(!)取ると、家出を決行!さてこの後日談的結末はいかに―?

※ロバート・マキャモンの『ブルー・ワールド』を読書中だが、図書館に予約していた本の順番が来たので先に読むことに。

スポンサーサイト

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« ドラゴンランス英雄伝(1)クリンの魔法  | h o m e |  ブルー・ワールド »

コメント

感想
3巻で終わりかと思っていたのに、追加の4巻目でようやくタイトルに相応しい話になった感じ。お坊さんの上下関係はホントにどうでもいいのだけど、ケリーとダイアナの活躍が読みたくて…。この巻のケリーはカッコ良かったけれど、拗ねたダイアナはいただけない。いつもカッコいい、できるダイアナでいて欲しい。
【2015/05/12 23:45】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1986-663f8c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。