04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ブルー・ワールド 


2015.05.02
Sat
07:15

Blue-World-large
ロバート・R. マキャモン
文藝春秋
1994-09


§…読書中…§

いろいろ片付けて、ようやく再読にこぎつけた待望のマキャモン。短編集だが、大好きなマキャモン作品の中でも個人的に1、2を争う本。基本的には長編の方が好きだけれども、本のタイトルにもなっている「ブルー・ワールド」は最高!短編集と言いながら、堂々文庫1冊分の分量がある作品。構成も文章も巧みでホッとする。キング、クーンツと共にホラー御三家と言われているが、個人的には文章はマキャモンが一番巧いと思うし、内容もしかり。ホラーで感動するなど、マキャモン以外にいないのではないか?

内容(「BOOK」データベースより)
妻と寝たはずなのに目覚めると隣に骸骨が横たわっているのを発見した男。往年の怪奇俳優の化粧箱に隠されていた秘密。新興別荘地のハロウィーンの命がけの仮装ごっこ。内も外も真っ赤な家に住む不思義な一家。ポルノ・スターに魅入られた若き神父。乗る人を待つばかりのスポーツカーのように軽快なストーリーテリングが絶妙。
スポンサーサイト

category: ロバート・マキャモン

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« トゥルークの海賊(4)  | h o m e |  家畜人ヤプーの館 »

コメント

感想
再読。ホラー作家御三家の1人マキャモンの短篇集。基本的に長編の人だが、どの作品も秀逸。特に表題作である軽く文庫1冊分はある中篇の『ブルー・ワールド』は、ポルノ女優を愛してしまった神父の話だが、何があっても彼女を守ろうとする彼の行動に感動する。頑なに神父としての貞操を守る所も好感度が高い。やっぱりマキャモンは面白い。
【2015/05/24 05:39】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1985-6a67403d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。