05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

アンの娘リラ 


2015.02.08
Sun
06:17

アンの娘リラ (完訳クラシック 赤毛のアン 8)アンの娘リラ (完訳クラシック 赤毛のアン 8)
(1999/12)
L.M. モンゴメリー

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
忘れないで、どんな時もアンはあなたのそばにいる。
リラ、ぼくがいないあいだ、くれぐれもお母さんにやさしくしてあげてもらいたい。この戦争で母親でいるのは、ひどくつらいことにちがいない──母親、姉妹、妻、恋人たちは、一番つらい思いをしている。リラ、美しい妹、リラにはだれか好きな人がいるのかい?

内容(「BOOK」データベースより)
成長した六人の子どもたちに囲まれて幸せに暮らすアンに忍び寄る戦争の影を、リラの日記で綴る。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« アンの友達  | h o m e |  虹の谷のアン »

コメント

感想
いつも明るく元気な赤毛のアンにも戦争の暗い影が…。その間の出来事を娘のリラが語る。第一次大戦が始まり、アンの息子達も出征。戦争は戦う本人だけでなく、残された家族や恋人達にも苦しく辛い日々を余儀なくさせる。どんな大義名分があろうとも戦争は罪だ。武力では誰も幸せにならない。アンも大切なものを失い、読む方も胸が痛くなる。そんな中、長男ジェムの帰りを駅で待ち続ける愛犬マンデーの姿に涙を禁じ得ない。だが忠犬ハチ公はじめ、どんな犬もそうなのだ。戦争の悲惨さと共に犬の素晴らしさに胸を打たれる。
【2015/02/16 06:34】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1966-e30a129e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。