05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ムーミン谷の彗星 


2014.12.07
Sun
03:40

新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫)
(2011/04/15)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る

§…読書中…§

新装版での再読。

内容紹介
長い尾をひいたおそろしい彗星が地球にむかってくるというので、いつも静かなムーミン谷は大さわぎに。ムーミントロールは仲よしのスニフと遠くの天文台へ出かけ、彗星をしらべてくることに。道中、スナフキンや可憐なスノークのお嬢さんと友だちになるけれども、ぐんぐん彗星は近づいてきて……。

世界中で愛されているフィンランドの作家、ヤンソンが描く「ムーミントロール」のお話は全部で9つ。このお話は、幻の第1作「小さなトロールと大きな洪水」が発表されるまでの長い間、第1作とされていたものです。
スポンサーサイト

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« たのしいムーミン一家  | h o m e |  シマロン・ローズ »

コメント

感想
再読。改めて読み返してみると、次々に出てくるキャラクターの設定が非常にしっかりしていることに気づいた。大人の本でもキャラクターが曖昧でイライラさせられるものがあるのに…。良い子ばかりが出てくるような児童書の中で、自分勝手やわがままなどそうでもないキャラがたくさん出てくるのもムーミン童話の特徴かと。実際に世の中ってそういうものだし。ただ、そろそろ翻訳を新訳にした方がいいのでは?と思う。
【2014/12/11 01:04】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1950-34d644a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。