04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

心打たれて生きる112の物語 


2014.11.04
Tue
02:58

心打たれて生きる112の物語 -Touched by God-心打たれて生きる112の物語 -Touched by God-
(2014/10/20)
アンシア・ダブ

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
著者は英国ヨークシャーの美しい自然の中、人生の感動、悲劇をふくめたあら ゆる出来事に神の気配を感じる。深い悲しみにある時、困難に直面していると きこそイエスが近くいるという思いを伝える。叙事詩のような112の美しい文 章の中で、いかに神の差し出す手に触れることができるのかをそっと教えてく れる。著者は英国の著名な文筆家。キリスト教に関する著作を多く発表してい る。 ●目次 貧者からの祝福/素晴らしい葬儀/草の葉/聖なる場所/喜びと哀しみ/光の環/与えること/顧みられない者/罪人の友/真夏/洗足木曜日/蜂との対話/リラの十字架/マルグ レイブの森/もう一人のマリア/一二月の薔薇/イエスはどこに/羊飼いのクロス/アマ ンダの木/謙虚さ/心の平和/水に浮かべたパン


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

アンシア・ダブ

教師を務めた後、著作活動を始め多くのキリスト教に関する本を出版。社会正義、平和運動、エキュメニズム(キリスト教統一運動)に深く関与してきた。現在は北ヨークシャー、ホィットビーに夫や家族と共に住む。

金成彰子
1955年湯沢市に生まれる。早稲田大学教育学部英語科卒業後、出版社に勤務。1998年より早稲田大学エクステンションセンターでアメリカ文学、アイルランド文学、ユニカレッジで翻訳を学ぶ。


《Schazzie's Comment》

早稲田のアメリカ文学クラスの先輩、金成彰子さんが翻訳した本です。

原題『Touched by God』からも分かるように、敬虔なキリスト教徒の作者の本。しかし、何気ない自然の美しさに感謝する幸せ。そういうことを感じられる素直な心でいたいと思わせる本です。よろしければ是非お手に取ってご覧下さい。宗教を越えて、112の物語の中にひとつでも心打たれる話があったら幸いです。

ちなみに私は無宗教です。しかし「神」と言うのが正しいかどうかは分かりませんが、自然界にはそういう存在があるのではないかと思っています。人間は単にちっぽけな生き物にすぎず、もっともっと大きな存在があるに違いないと。
スポンサーサイト

category: ESSAY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 王女グリンダ  | h o m e |  荻窪シェアハウス小助川 »

コメント

感想
早稲田のアメリカ文学クラスの先輩、金成彰子さんが翻訳した本です。

原題『Touched by God』からも分かるように、敬虔なキリスト教徒の作者の本。しかし、何気ない自然の美しさに感謝する幸せ。そういうことを感じられる素直な心でいたいと思わせる本です。よろしければ是非お手に取ってご覧下さい。宗教を越えて、112の物語の中にひとつでも心打たれる話があったら幸いです。

ちなみに私は無宗教です。しかし「神」と言うのが正しいかどうかは分かりませんが、自然界にはそういう存在があるのではないかと思っています。人間は単にちっぽけな生き物にすぎず、もっともっと大きな存在があるに違いないと。
【2014/11/11 22:23】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1947-541d2a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。