07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

モーニング 


2014.10.23
Thu
22:19

モーニング Mourningモーニング Mourning
(2008/03/19)
小路 幸也

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
大学時代の親友である河東真吾の訃報に接した私。葬儀のため福岡に集まったのは、同じ大学でバンドを組み、四年間一つ屋根の下で共同生活を送った淳平、ヒトシ、ワリョウ。葬儀を終え、それぞれの家へ、仕事へ戻ろうとしたとき、今は俳優となった淳平が言った。「この車で一人で帰って、自殺する」。何故?しかもこんなタイミングで?思いとどまらせるために、私たちは明日の仕事を放り投げ、レンタカーで一緒に東京まで向かう決意をする。「自殺の理由を思い出してくれたら、やめる」。淳平のその言葉に、二十数年前のあの日々へと遡行するロングドライブが始まった。それは同時に、懐しい思い出話だけでは終わらない、鍵をかけ心の奥底に沈めた出来事をも浮上させることになっていくが…。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« コーヒーブルース  | h o m e |  猫と妻と暮らす:蘆野原偲郷 »

コメント

感想
学生時代の親友の葬儀に集まった仲間達。そこから始まる謎解き前提の青春の思い出話。これが単なる思い出話だったら興味も湧かないのだろうが、謎解きが絡んでいるから、何故?という興味1つでどんどん読み進む。バンド活動、〈パラダイス〉という場所、登場人物の名前、馴染み深い音楽、先日ライブでやったばかりの〈HONESTY〉など、自分に重なる部分がとても多い話でかなり感情移入したが、謎解きの結果は夢落ちみたいでちょっと失望。もう1つの真実には「は?」という感じ。しかしっ!うやむやになってしまっているが、一番悪いのは中島ではなく、生徒にセクハラしていた教師ではないのか?という思いが最後まで強く残った。
【2014/10/27 02:42】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1944-0d7fc2d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。