05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ビタースイートワルツ 


2014.09.25
Thu
02:53

ビタースイートワルツ Bittersweet Waltzビタースイートワルツ Bittersweet Waltz
(2014/07/10)
小路 幸也

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
2000年、北千住の“弓島珈琲”。店主の私(弓島大)を過去の事件から救ってくれた恩人で、常連客でもある三栖警部が失踪。三栖さんからとおぼしきメールには“ダイへ”とだけ。私と常連の純也は、早速探索に乗り出す。一方、私が過去に巻き込まれた事件に関わることになったあゆみは、女子大生となり、“弓島珈琲”へ出入りする。そのあゆみが、親友と連絡が取れないというのだが…。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 首折り男のための協奏曲  | h o m e |  二番目のフローラ(下)一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事 »

コメント

感想
シリーズと知らずに3作目から読んでしまったが、これまでのあらすじもあったので大丈夫だった。拠点となる場所があって、そこに集まる人達に事件が起こるという設定は《東京バンドワゴン》シリーズと同様の作りだが、それが小路幸也の得意な設定なのだろう。他の作品同様、最終的に人の心の温かさを感じさせ、読者にけして嫌な思いをさせない小説というのもこの人の持ち味で、それはそれでとてもいい。
【2014/09/30 04:25】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1939-559a1c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。