05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

百年の孤独 


2014.05.25
Sun
21:37

百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))
(2006/12)
ガブリエル ガルシア=マルケス

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
蜃気楼の村マコンド。その草創、隆盛、衰退、ついには廃墟と化すまでのめくるめく百年を通じて、村の開拓者一族ブエンディア家の、一人からまた一人へと受け継がれる運命にあった底なしの孤独は、絶望と野望、苦悶と悦楽、現実と幻想、死と生、すなわち人間であることの葛藤をことごとく呑み尽しながら…。20世紀が生んだ、物語の豊潤な奇蹟。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« The River of Souls  | h o m e |  デルフィニア戦記 第四部 伝説の終焉(6) »

コメント

感想
日々孤独で、人間は結局ひとりぼっちであるとすでに知っている身にとっては、登場人物それぞれの孤独について改めて述べる事はないが、マルケスらしい次から次へと言葉が溢れ出てくるような文体には感嘆。あれだけ登場人物が多く、しかも同じ名前ばかり出て来るにも関わらず、混乱を招かない技術にも驚く。個人的に、ノーベル賞に値するのはマルケスとスタインベックだけだと思う。
【2014/06/07 17:46】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1920-87166f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。