03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

偽りをかさねて 


2014.01.06
Mon
06:24

偽りをかさねて (ハヤカワ・ノヴェルズ)偽りをかさねて (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2007/04/25)
ジョディ・ピコー

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介

漫画家で家庭的な父親ダニエルと、優秀な学者の母親ローラ、そして二人に愛されて育った娘トリクシィ。平凡な一家の穏やかな生活は、ある日突然崩れ去った。14歳のトリクシィがボーイフレンドから暴行を受け、心に深い傷を負ったのだ。世間の冷たい視線にさらされ、彼女の苦しみは頂点に達する。娘をなんとか守ろうとする両親だったが、現実は容赦なかった。事件をきっかけに、一家は思いもよらない真実に次々と直面することとなる。ローラは不貞を告白せざるをえなくなり、一方ダニエルの内部では、遠い昔に葬った荒々しい人格が呼び覚まされる。そして被害者のトリクシィ自身の供述にも、ほころびが生じてくる。三人三様に身にまとっていた偽りがひとつずつ剥がされ、やがて最悪の事態が一家を……。『わたしのなかのあなた』で全米に衝撃を与えた著者による、家族の崩壊と再生の物語。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« 空飛ぶ広報室  | h o m e |  パパのさがしもの »

コメント

感想
全編暗い雰囲気で、読んでいてけして楽しくないのだが、どんな問題が起きるのかという興味で読み進めた。アラスカでのエピソードは必要なのかな?クライマックスに近づいていく部分はたたみ込むようにテンポアップして欲しいのに、ユピック語などがもどかしく、退屈になってしまった。個人的にはどのキャラも好きになれなくて嫌な気分だけが残った。
【2014/01/20 03:48】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1889-120892cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。