07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ハリーポッターと謎のプリンス 上・下巻set (携帯版) 


2013.10.16
Wed
05:32

ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻set(携帯版)ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻set(携帯版)
(2010/03/11)
J・K・ローリング

商品詳細を見る

§…読書中…§

原書、単行本に加え、携帯版での再読。

J.K.ローリングは、物語がだんだん暗くなると宣言していたが、第六巻はまさに暗い。しかし、影があれば光が浮き立つ。「選ばれし者」の予言を受けて立つハリーを、二人の親友ががっちり支え、ジニーがその輪に加わる。人生が変わるほどの災難にあったビルを、フラーがしっかり受け止める。そしてトンクスの新しい幸せ。単純な「愛」がいかに強いものであるかを、ダンブルドア7はハリーに理解させようとする。現実の世界の苦しみや悲しみを反映した物語には奥行きがあり、読み手を共感させる。

大人になったハリーたち三人の感情は複雑になり、ジニーを加えた四人の関係は、第一巻とはまったく違うものになった。大人の感情をそのまま投入して読んでも違和感がない。ダンブルドアもハリーを完全に大人として扱い、個人教授を通して、自分の持てるものをすべてハリーに注ぎ込もうとしている。

ハリーはいよいよ旅立つ時を迎えた。シリウスを失ったのは、独り立ちの序章だった。一歳で両親を失い、十五歳で親とも慕うシリウスを失い、そして十六歳のいま、ハリーはまたかけがえのない人を失った。

──訳者あとがき「最終章のラブレター」より
スポンサーサイト

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« ハリー・ポッターと死の秘宝 上・下巻(携帯版)  | h o m e |  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下巻set(携帯版) »

コメント

感想
原書、単行本に加えて携帯版での再読。シリーズ中最も悲しい話。心の底から尊敬し頼りにしていた人物の死は、ハリーにとってあまりに辛く耐え難い出来事であり、選ばれし者の孤独はさらに深まる。何度読んでもあまりに悲しすぎる話。絶対に守ってくれると思っていた父親が死んだ時と同じ気持ち。
【2013/11/01 03:34】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1880-2bffe74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。