10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

迷子になったわたしの惑星/シャノン・オルソン 


2001.09.08
Sat
07:11

内容(「BOOK」データベースより)
シャノンがセラピーに通いはじめて5年が経とうとしている。彼女の母親は、子どもたちのために、リスを虐待する男の子には近づいちゃいけないとアドバイスし、家じゅうのものに名前を書いた。ラベルを貼り、子どもたちがすべき仕事のリストをつくった。そしてものには限度があると教えてくれた。そのせいか、シャノンは世のなかというものは整理整頓されていて、待っていれば自分のための場所がちゃんと見つかると、誤解してしまったのだ。―シャノンは、大学院に入り、勤めていた会社を辞めた。新しい生活ははじまっているけれど、なかなか前進できない。でも、なんとかしなくては。自分の足で一歩を踏みださなくては。



こういうひとりよがりの文章を書く人っている。結構ジョークなんかも入れてるんだけど、全然笑えないので、気の毒になるくらい。これもブリジット・ジョーンズ的な話なんだけど、主人公があまり前向きでなく、暗い印象。人のことばかり言っていて、自分はどうなの?といらいらさせられる。会話の訳が変なのかもしれないけれど、全体的にちぐはぐな感じで、馴染めなかった。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 不幸な子供/エドワード・ゴーりー  | h o m e |  クラップ/J.W.ディアズ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1826-e1117cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。