07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

THE SKY IS FALLING/Sidney Sheldon 


2001.09.01
Sat
05:49

相次いで事故死した名門ウィンスロップ一家。一家6人が一年以内に次々と死亡するという異常さに、テレビのニュースキャスターであるダナが調査に乗り出す。ウィンスロップ家の当主、テイラー・ウィンスロップの足跡を辿って、世界各地をまわるダナに、危険な罠が迫る。

ダナが引き取ったサラエボの戦争孤児ケマルとの葛藤、恋人ジェフとの関係、ジェフの元妻であるスーパーモデルのレイチェルが癌に冒され、その看病のためにレイチェルのもとを離れられない彼と思うように会えない苦悩…などなどの話が、約320ページ中の280ページほども占め、いったい何の話なのか、ずっとわからない。

ダナが訪れる、ベルギー、ドイツ、フランス、イタリア、ロシアなど、各国の言葉が並び、まるでシェルダンが何ヶ国語を使えるか、見せびらかしているようだ。しかもそのほとんどが同じ内容。出かけて行った先の数だけ、同じことが繰り返される。最後のわずか50ページほどで、事態はやっと動き出し、これが核の売買を扱った話だとわかる。

それにしても、エンターテインメントの帝王、シドニー・シェルダンのジェットコースターのようなストーリーテリングはどうしてしまったのだろう?こんなに退屈なシェルダンは初めてだ。飽きるほど繰り返されるエピソードも、どうしても必要なものであるとも思えず、結末を語るために帳尻を合わせているとしか見えないのだ。それが300ページ近く続くのは苦痛だ。

数年前から、シェルダンの衰えを漠然と感じていたのだが、この作品でそれを確信したと言ってもいい。願わくば私のそんな思いを打ち消し、途中でやめられないくらいの面白い作品を出し、読者を再び不眠症に悩ませて欲しいものだ。
スポンサーサイト

category: MYSTERY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« THE DOOMSPELL/Cliff McNish  | h o m e |  洋書絵本 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1819-900f8ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。