07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

R・P・G/宮部みゆき 


2001.08.08
Wed
05:40

私にしてはものすごく珍しい、最近の日本の作家のもの。旅行中、持って行った本を読み終えてしまい、移動の電車内で読むものがなくなってしまったので、駅のKIOSKで買った。

この小説は内容については絶対にしゃべってはダメ、ということなので、内容に関しては何も言えない。作品の特徴を、あとがきより抜粋すると「R・P・Gとはもちろん、ロール・プレイング・ゲームのことだ。ただしこの小説の中に、そのゲームは出てこない。この小説自体が、ロール・プレイング・ゲームのように作られています、ということなのである。プレーヤーはいろんなキャラに出会いながら、その予想外の展開をただただ楽しめばよい、ということであろう」

そういうわけなので、犯人は誰?という古典的な興味ひとつで、何も考えずに一気読み。ネットの上での人間関係と、現実の社会での人間関係のギャップなど、ネットが身近なだけに面白かった。しかし、久々に日本の小説を読んだら、漢字の名前がごちゃ混ぜになり、だれがだれだっけ?という感覚だった。これは日本の小説しか読まない人が外国文学を読んで、名前がちんぷんかんぷんだというのと同じことだろう。

でも、やっぱり日本の小説は、なんとなく暗い。特に警察が真面目すぎる。もちろん警察は真面目でなくては困るが、アメリカの刑事ものならジョークのひとつもありそうなところでも、まったく真面目一辺倒だ。そこが暗いと感じる所以か、はたまた漢字の名前が暗いのか。。。<冗談です。

スポンサーサイト

category: MYSTERY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« Morning, Noon & Night/Sidney Sheldon  | h o m e |  夜の姉妹団─とびきりの現代英米小説14篇/柴田元幸編・訳 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1816-c9d39f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。