09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

蝶の舌/マヌエル・リバス 


2001.08.01
Wed
18:10

蝶の舌 (BOOK PLUS)蝶の舌 (BOOK PLUS)
(2001/07/13)
マヌエル リバス

商品詳細を見る

ラテン文学の短編集。この本が原作となった映画は、大変評判がいいようだ。しかし、映画になった表題作「蝶の舌」を含め、何も残らない本だった。いいとも悪いとも感じない。逆に、悪ければ悪いなりに記憶に留まるから、そういう作品は、それはそれでいいのかと改めて認識させられたような感じ。こんなに何も残らない本というのは、内容が全く記憶に留まらないので、いいのか悪いのかわからない。

なによりも、それぞれの話が中途半端な気がして、どれを読んでもフラストレーションがたまる。そして、さらに言えば、話の意味が不明だ。

短編の名手サマセット・モームの言葉を借りて言えば、日常を切りとって投げ出しただけの、D・H・ロレンス的な作品だと思う。そこに何らかの手を加えてこそ、作家、あるいは小説といえるのでは?という思いがしてならない。オープン・エンディングにして、余韻を残すというのともまた全然かけ離れた作品だと思う。ガルシア・マルケスが最高の小説だ!と誉めている言葉が嘘っぽい。
スポンサーサイト

category: BOOK PLUS

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 春夏篇/ヘレン・フィールディング  | h o m e |  2001年7月 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1809-cd3c0406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。