10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ムーンパレス 


2013.06.23
Sun
04:58


<原書>

Moon PalaceMoon Palace
(1990/04/01)
Paul Auster

商品詳細を見る



<翻訳書>

ムーン・パレス (新潮文庫)ムーン・パレス (新潮文庫)
(1997/09/30)
ポール・オースター

商品詳細を見る



[MY OWN REVIEW]

Moon Palace
(1989)

これが私が読んだオースター最初の作品。
冒頭100ページくらいでぐっときてしまった。主人公マーコの孤独感と落ちていく感覚に不覚にも涙。何と感性の細やかな作家だろうと思った。

おとぎ話に影響されて、というだけあって、天文学的な表現なども好み。柴田氏の翻訳はエリクソンなどを読んでいたが、これでさらに素晴らしいと感じた。

たまたまアーヴィングの「オウエンのために祈りを」を読んだあとで、2作には共通事項がたくさんあり、実に不思議な感じがした。アーヴィングは英文が素晴らしいので、内容はさておき文章の達人として別格だが、オースターが秘めている知性の宇宙は、語り尽くせない魅力がある。
スポンサーサイト

category: ポール・オースター

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 偶然の音楽  | h o m e |  最後の物たちの国で »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1743-92ca00df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。