10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

幽霊たち 


2013.06.23
Sun
04:44


<原書>

Ghosts (New York Trilogy)Ghosts (New York Trilogy)
(1986/02)
Paul Auster

商品詳細を見る



<翻訳書>

幽霊たち (新潮文庫)幽霊たち (新潮文庫)
(1995/03/01)
ポール・オースター

商品詳細を見る



[MY OWN REVIEW]

Ghosts
(1986)

<ニューヨーク三部作>第二作目。
訳者柴田氏によれば、オースターは、何ひとつ起こらない、「どこでもない場所」に迷いこんだ人物が次第に「誰でもない人間」と化してゆく状況を好んで描く。その意味でもっともオースター的な作品であるとのこと。
登場人物の名はブルー、ホワイト、ブラック、ブラウンである。

話は新米の探偵ブルーが、ホワイト氏からブラックという人物の調査を依頼されることから始まる。この名前の設定は、白黒の映像の中で、その色をした人物が動いているようで、何とも奇妙な感じがした。ブルーがブラックを見張るという、同じ作業のくり返しの描写も、オースターの得意とするところ。
スポンサーサイト

category: ポール・オースター

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 鍵のかかった部屋  | h o m e |  シティ・オブ・グラス »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1740-7abe3481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。