05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

シティ・オブ・グラス 


2013.06.23
Sun
00:23


<原書>

City of Glass (New York Trilogy)City of Glass (New York Trilogy)
(1987/04/07)
Paul Auster

商品詳細を見る



<翻訳書>

シティ・オヴ・グラス (角川文庫)シティ・オヴ・グラス (角川文庫)
(1993/11)
ポール・オースター

商品詳細を見る



[MY OWN REVIEW]

City of Glass
(1985)

<ニューヨーク三部作>の第一作目。
個人的に、三部作の中ではこの作品が一番面白かったと思う。三作全部を読まなければならないわけではないが、同じテーマを形を変えて書いているのが面白い。翻訳されているオースター作品の中で、この作品だけが柴田元幸氏の翻訳ではないのだが、特に気になることもなくオースターの世界に浸れたのは、原文がしっかりしているからか。

次の『幽霊たち』に寄せられたコメントに、「第一作目から柴田さんの訳で出る方が望ましかった…」とあり、気持ちは分かるが、そこまで言うほどのことではないと思う。それにしてもオースターは古典文学をすいぶん読んでいるようで、今更ながら感心した。
スポンサーサイト

category: ポール・オースター

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 幽霊たち  | h o m e |  孤独の発明 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1739-3c2be2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。