06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ノーサンガー・アベイ─Northanger Abbey 


2013.06.20
Thu
07:36


<原書>

Northanger Abbey (Penguin Classics)Northanger Abbey (Penguin Classics)
(2003/04/29)
Jane Austen

商品詳細を見る



<翻訳書>

ノーサンガー・アベイノーサンガー・アベイ
(1997/10/01)
ジェーン オースティン

商品詳細を見る



[MY OWN REVIEW]

Northanger Abbey
(1817)

『自負と偏見(or高慢と偏見)』、『ある晴れた日に─分別と多感』に続いて、3冊目のオースティン。これはすごく面白かった!笑えたし、ハラハラドキドキしたし、3作の中では、一番面白かった。

この作品は上の2作品の後に書かれたものだが、20年も出版されず、オースティンの死後に兄によって出版されたもの。そういったいわく因縁があるのだが、作品自体がその時代を反映したものなので、20年という歳月は長すぎたのかもしれない。出された当時には、どうも時代おくれであると感じられてしまったようだ。本の冒頭には作者の筆で、わけあって出版できなかったことを考慮してもらいたい旨が書いてある。それにしても、こんなに面白いものを買い取っておきながら、どうして当時の出版社はすぐに出版しなかったのだろう?

物語自体は、他の作品と似たり寄ったりで、ヒロインが年頃になり、ちょっとした都会に知り合いの世話で遊びに行き、そこで素晴らしい男性に出会って恋に目覚め、ああでもない、こうでもないと日々をすごしたのち、めでたく結婚の運びになるというものだ。

しかしこの作品が他のものと違うのは、執筆当時に流行していたゴシック小説『ユードルフォの謎』(アン・ラドクリッフ)をパロディ化しているところだ。
それゆえミステリー的な要素もあり、次に何が起こるのだろうかと、わくわくさせられる。もちろんオースティンの小説は、そんなことがなくても十分に面白いのだが、作中でも『ユードルフォの謎』を読んでいる主人公が、すっかりその気になって、あらぬ事を考えるというのが面白い。

3作品を比べて、世間ではヒロインのお相手として『自負と偏見』のダーシー卿が有名だが、私はこの『ノーサンガー・アベイ』のヘンリー・ティルニーが一番好きだ。年齢もダーシー卿よりは若いため、血気盛んなところがあるのだろうが、最後に絶対服従が決まりの父親に反抗し、結婚を決めに行くところなどは、めちゃくちゃカッコイイ!

それにしても、オースティンの人物の観察力は本当に素晴らしい。主人公キャサリンの親友(のちに絶交するのだが)であるイザベラの描写などは、大笑いだ。これを大真面目にあの切れ目のないような文体で語られると、実に愉快。

しかし毎回驚かされるのが、主人公たちの若さである。今回結婚する二人は、16歳と18歳だ。それにしてはしっかりした分別を持ち、他人を思いやり、人の気持ちを考えるなど、立派な大人だ。今の人間とはずいぶん違う。もちろん自分のことも含めてだが。

ひとつ謎がある。
ヘンリーの妹エリナーの言葉の中に、母が死んだのは13歳の時で、それから9年経っているという部分がある。当然計算すれば現在22歳だ。しかし、最後にキャサリンとヘンリーの結婚が決まったという場面で、二人は16歳と18歳になっている。ヘンリーはエリナーの兄のはずなのだが・・・。
スポンサーサイト

category: ジェイン・オースティン

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 説得─Persuation  | h o m e |  エマ─Emma »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1730-c6b56939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。