04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

分別と多感─Sense and Sensibility 


2013.06.20
Thu
07:13


<原書>

Sense and Sensibility (Dover Thrift Editions)/Jane Austen (著)
U.S. 定価: $3.00
ペーパーバック: 272 p ; 出版社: Dover Pubns ; ISBN: 0486290492 ; (1996/03/01)

Sense and Sensibility (Wardsworth Collection)/Jane Austen (著)
U.K. 定価: £1.50
ペーパーバック: 272 p ; 出版社: Lb May & Assoc Inc ; ISBN: 1853260169 ; Reprint 版 (1998/01/01)

Sense & Sensibility (Everyman's Poetry Series)/Jane Austin (著), Janet Todd (著)
U.K. 定価: £2.50
ペーパーバック: 416 p ; 出版社: Tuttle Pub ; ISBN: 0460879146 ; (1997/10/01)

Sense and Sensibility (Oxford World's Classics)/Jane Austen (著), James Kinsley (著)
U.S. 定価: $5.95
ペーパーバック: 343 p ; 出版社: Oxford Univ Pr ; ISBN: 0192833588 ; (1998/04/01)

Sense and Sensibility (Penguin Classics)/Jane Austen (著), Ros Ballaster (著), Tony Tanner (著), Rosalind Ballaster (著)
U.S. 定価: $7.00
ペーパーバック: 409 p ; 出版社: Penguin USA ; ISBN: 0141439661 ; Reissue 版 (2003/04/29)

Sense and Sensibility (Modern Library Classics)/Jane Austen (著), David Gates (著)
U.S. 定価: $6.95
ペーパーバック: 282 p ; 出版社: Random House Inc ; ISBN: 0375756736 ; Modern Lib 版 (2001/01/09)



<翻訳書>

いつか晴れた日に―分別と多感/ジェーン・オースティン (著), 真野 明裕
価格: ¥1,890 (税込)
単行本: 398 p ; 出版社: キネマ旬報社 ; ISBN: 4873761743 ; (1996/05)

内容(「BOOK」データベースより)
「理知」のエリナか、「情熱」のマリアンか。みどり豊かな19世紀英国の田園を舞台に愛と結婚の真実に迫る、必読の『新・恋愛入門』。

内容(「MARC」データベースより)
分別を重んじ、恋心を抑える姉。感情のままに思いをぶつける妹。みどり豊かな19世紀英国の田園を舞台に、対照的な姉妹の結婚への道を暖かく描く、英国文学の傑作。95年度アカデミー賞最優秀脚色賞受賞の映画原作。



[MY OWN REVIEW]

Sense and Sensibility
(1811)

途中何度も中断したが、興味を失うことなく面白く読めた。何と言っても、最後のどんでん返しにはびっくり!多少の期待と予想はあったものの、まさか!本当に!という感じ。そのどんでん返しがまた、予測のつかない顛末。それによって八方丸く収まり、皆が幸せになるのだけれど、ただただ驚き、唖然とする。

『自負と偏見』同様、さすがオースティンと思わせる詳細な人物描写だが、特にエリナとマリアンの姉妹の性格の対比は見事。物語はめでたし、めでたしで良かったが、少々都合が良すぎるのでは?という感じもなきにしもあらずというところ。

オースティンのワイドショー的面白さにはまると、他の物語がつまらなく思える。ただし、作品がみな似ているので、混乱しないためにも、少々間をおく必要はありかもしれない。
スポンサーサイト

category: ジェイン・オースティン

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 自負と偏見(高慢と偏見)─Pride and Prejudice  | h o m e |  Jane Austen プロフィール »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1726-c7d36e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。