07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

SPEAKS THE NIGHTBIRD (2002) 『魔女は夜ささやく』 


2013.06.20
Thu
05:42

『Speaks the Nightbird』/Robert R. McCammon (著)
ハードカバー: 700 p ; 出版社: River City Pub ; ISBN: 1880216620 ; (2002/09/01)

『魔女は夜ささやく〈上〉』/ロバート・R・マキャモン (著), 二宮 磬 (翻訳)
単行本: 422 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4163221204 ; 上 巻 (2003/08/28)

『魔女は夜ささやく〈下〉』/ロバート・R・マキャモン (著), 二宮 磬 (翻訳)
単行本: 391 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4163221301 ; 下 巻 (2003/08/28)


十年にわたって沈黙を護ってきたマキャモンが発表した最新長篇。長いブランクのせいもあり、ハードカヴァー版はこれまでの大手出版社ではなく、地元の小出版社から出されることになったが、盟友スティーヴン・キングからの賛辞も受け、ペーパーバック版はこれまでどおりポケット・ブックスから出版されることが決定した。

17世紀末の開拓時代を舞台とした作品だが、けっして「異色作」ではなく、またブランクもまったく感じさせない。『少年時代』以降のマキャモンの美点が見事に表れた快作となっている。主人公のマシューの純真さと清新さ、小さな町を俯瞰する手つきは『少年時代』を思わせ、南部の呪術的空気を扱っているところは『遙か南へ』に通じるだろう。

なお、本書のほかに未発表の長篇がもうひとつあると言われている。『The Village』と題されたその作品は、第二次世界大戦中のヨーロッパを舞台とし、敵陣に取り残されてしまったロシアの一隊──慰問のための劇団のような隊だという──の苦難を描いたものらしい。

しかし、現在のところ出版の予定はない。

(ロバート・R・マキャモン作品案内/文藝春秋・編集部)

●MY OWN REVIEW

これは今までのマキャモン作品とだいぶ違うかな、というのが冒頭の感想。マキャモンの作品として、これを最初に読んだ人には、「マキャモンはいいよ」と言っても通じないだろうなという感じ。

かといって、けしてこれが良くないというわけではなく(個人的には十分面白いと思っている)、これまでのマキャモン作品を踏まえた上で、この作品が成り立っていると考えれば、自然な流れと思えるのだが、最初にこれを読んでしまうと、ちょっと引くかな?とも思う。

2段組でかなりびっしり詰まっている装丁だし、登場人物も多くて、一気にいかないと、なかなか進んでいかず、まだ上巻半ばなのだが、マキャモン特有の「善の側の人間」と「邪悪なもの」の存在は、はっきりと見える。それが今回は、魔女裁判という社会的な状況を仲介として、どんな戦いを繰り広げていくのか、非常に興味深い。

邪悪なものは、以前にも増して邪悪になっているが、善の側の人間は、以前の作品と変わらず、そこでほっと一息つける存在として描かれている。この存在が、マキャモン作品を単なるホラーとして片付けられない重要な要素なのだと私はとらえている。

舞台はアメリカの開拓時代。魔女裁判などが行われていた時代で、疫病の流行などもあり、これまで描かれていた現代の舞台とは大きく異なっているため、ちょっと異質にも感じられるが、個人的には、マキャモンがこの時代に目をつけるであろうことは、なんとなく予想していたことでもあるので、特に違和感があるわけでもない。

魔女裁判の時代の話としては、前にセリア・リーズの『Wirch Child』を読んだので、そのあたりの陰惨で理不尽な状況は、すでに免疫としてある。また、ホーソーンの『緋文字』もその類。これらを読んでいるのと読んでいないのとでは、マキャモンの作品に対しても、感じ方が違ったかもしれない。

いずれにしてもこの時代の魔女がらみの話は、だいたい暗い話が多いが、ここでもマキャモンは、真の邪悪さは、「邪悪なもの」として描かれている「そのもの」ではなく、普通の人間の中に潜んでいることを暴き出していると感じる。善人面をして、内に悪意を秘めている人間の、なんとおぞましいことか!

下巻になってからは、一気に進んだ。マキャモン作品には、あまり謎解きは出てこないのだが(犯人は「邪悪なもの」だったりするし)、これは実体を持った人間が犯人であるということで、では誰が?という好奇心につられて、一気に読み終えた。

描写がかなり露骨だったりして、最初は「これがマキャモン?」というような感じもしたが、最後には、やはり人間の善なる部分をしっかり書いてくれている。主人公のマシューと、彼を孤児院から引き取って、立派な人間になるよう教育してきた判事の、父と子のような愛情には、ちょっとホロリ。

それと、最初はとまどった「かなり露骨な描写」も、意図があってそうしたのだということがわかってくる。そうした言うのも憚られる悪魔の所業でさえ、人間の心の奥底では、それを見たり聞いたりしたいという欲望が渦巻いているのだ。だからこそ、悪魔の所業を露骨に口にするインチキ説教師に引かれていく人間も出てくるというわけだ。

「まあーっ!そんな悪魔の技などとんでもない!私はけしてそんなことはしないし、考えもしないけれど・・・(でも興味津々!)」といったところだろうか。中世に魔女として処刑された人たちも、周囲の人間のそうした隠された欲望の餌食になったのでは。。。

ただ、『魔女は夜ささやく』というタイトルの割に、魔女役のレイチェルのキャラが弱かったかな?という気がする。魔女として活躍して欲しかったという意味ではないが(レイチェルは魔女ではないし、魔女裁判を描いてはいるが、魔女を描いているわけではないと思う)、もう少し、彼女の出番があってもよかったかも。でも、原題は『Speaks the Nightbird』なので、魔女という言葉は出てこない。その代わり、作中に「夜の鳥」という表現は何度も出てくるので、当然ながら、原題には忠実だ。「夜の鳥」は、重要なキーワードとなっている。

ところで、これは原書よりも翻訳のほうがページ数が少ないという稀な本で(普通は翻訳のほうがページ数は多くなる)、ほんとにそうなのか?と気になってしょうがなかった。すでに読んだという人には、その都度聞いてみるのだが、原書と翻訳を両方読んだ人はいないため、いまだに謎が解明されていない。なので、これはぜひとも自分で見比べてみなければと、原書も入手してある。

この本は、ハードカバーでは1冊だが、ペーパーバックでは2分冊になっている。こういうのもまた珍しいのだが、とりあえずざっと見たところ、原書の2巻目の最後と翻訳の下巻の最後は間違いなく同じ文章で、訳者あとがきにも、短縮されているとは書かれていないから、たぶん全訳なのだろう。

しかし、PBの1巻目と翻訳の上巻の最後は一緒ではない。まだ読んでいないので、翻訳ではどこで切れているのか不明だが、翻訳の上・下巻が原書の1、2巻と対応しているわけではないようだ。

(2004年07月13日)



─上記の感想の中にある疑問に関して、出版社からメールをいただきました。

●出版社より

大変な亀レスで申し訳ありません。文藝春秋翻訳出版部でマキャモンの『魔女は夜ささやく』を担当させていただきました永嶋俊一郎と申す者です。同作品についてお悩みでいらっしゃるようで、遅ればせながら……。

同邦訳書が原書よりもページ数が少なかったというのは意外でした。底本には小出版社の初版を使用しましたが、たしかに組が粗く、また文字も比較的大きかったため、こうしたことが起きたのかもしれません。いずれにせよ、完訳であることはたしかです(小説の場合、弊社では抄訳ということはあり得ません。現代では、おそらくほとんどの出版社がそうだと思います)。

上下巻の区切りが原書PB版と異なるのも、翻訳作業→編集作業の段階ではPB版が完成していなかったため参照せず、こちらで独自に物語の流れに基づいて上下巻の切れ目をつくったためです。

上記でいくらかなりとも気分がすっきりなされば幸いです。巻末の著作案内も(マキャモンの断筆が事実上解けていない、という悲しみもあって記したのですが)お楽しみいただけたようで光栄に存じます。

なお、掲示板に書くべきか判断できませんでしたゆえ、こうしたかたちでお知らせいたしました。もしこの情報がいくらかでも有益とご判断なさった場合は、転載など如何様にも使用いただいて結構です。

どうぞ今後とも弊社に限らず、海外小説を愛読いただけますようお願い申しあげます。

文藝春秋翻訳出版部
永嶋俊一郎拝
スポンサーサイト

category: ロバート・マキャモン

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« BLUE WORLD (1989) 『ブルー・ワールド』  | h o m e |  GONE SOUTH (1992) 『遙か南へ』 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1716-2dd9e39f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。