04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

BOY'S LIFE (1991) 『少年時代』 


2013.06.20
Thu
05:33

『Boy's Life』/Robert R. McCammon (著)
マスマーケット: 608 p ; 出版社: Pocket Books ; ISBN: 0671743058 ; Reprint 版 (1992/05/01)

『少年時代 (上)』 文春文庫/ロバート・R・マキャモン (著), 二宮 磬
文庫: 425 p ; 出版社: 文芸春秋 ; ISBN: 4167254360 ; 上 巻 (1999/02)

『少年時代 (下)』 文春文庫/ロバート・R・マキャモン (著), 二宮 磬
文庫: 494 p ; 出版社: 文芸春秋 ; ISBN: 4167254379 ; 下 巻 (1999/02)


1991年度ブラム・ストーカー賞受賞作
1992年度世界幻想文学大賞受賞作


「ホラー」から脱却したマキャモンが放った傑作長篇。邦訳当時、わが国でも絶賛を受け、同年末の「このミステリーがすごい!」では一位と僅差の二位となり、現在もなおノスタルジックな少年時代の物語として、キングの中篇「スタンド・バイ・ミー」と並ぶ名作とされている。

アラバマ州南部の町、ゼファーを舞台に12歳の夢見がちな少年コーリーがこの町で出会うさまざまな事件が語られてゆく。少年時代の追憶のなかにのみ存在する魔法めいた輝きを持つ世界が、前作『マイン』の猛然たる筆致とはうってかわった、叙情深く、穏やかな語り口で綴られる。読み切りの短篇の集まりのような形式ながら、全体には、コーリーが目撃した殺人事件の謎が縦糸として貫かれており、胸のすく結末も用意されている。

マキャモン自身が意識したかどうかは定かでないものの、本書には「スタンド・バイ・ミー」というよりもむしろ、レイ・ブラッドベリ作品に近い質感がある。アメリカの小さな田舎の小さな町を連作短篇のような形式で描いていることから、とくに『たんぽぽのお酒』との相似が見てとれる。なお、コーリー少年の純真さと正義感は、のちの『魔女は夜ささやく』の主人公マシュー・コーベット青年と重なり合う。

(ロバート・R・マキャモン作品案内/文藝春秋・編集部)

●MY OWN REVIEW

マキャモンの『少年時代』を一気に読了。下巻は丸1日かからなかった。つまり面白かった!ということ。個人的には、主人公コーリーのお父さんが、古き良き時代の尊敬すべき父親という感じで好き。

マキャモンは初めて読むので、どういう作風か全然未知のものだったのだが、読んでいるうちに、「ああ、これはブラッドベリだ」と思った。その証拠に、巻末の謝辞には、作品を書くにあたって影響があったものとして、レイ・ブラッドベリの名前があがっているし、主人公のコーリーが、クリスマスにブラッドベリの『太陽の黄金の林檎』のペーパーバックをもらい、夢中で読みふけっている場面もある。ブラッドベリほどファンタジックではないが、あの世界にかなり近いものがあると思った。ましてや少年の話であるし、特に夏の最初の日、いきなり翼が生えて、空を飛び回るなんてところは、まさにブラッドベリだ。

また、物語中にはたくさんのコミックが出てくるが、そういう影響もかなり感じる。ということは、マイケル・シェイボンやニール・ゲイマンなどにもどこか似通ったところがあるということかも。

とりあえず読んでみた印象は、マキャモンは不気味なところもあるけれど、人間の基本的な心の部分で、非常に美しいものを描いているように感じた。それに読者を物語の中に引きずりこむ、巧みな文章だと思う。翻訳もひっかかるところがなくて読みやすく、会話部分に全く違和感がなくとても自然だったし(少年ものは会話部分でがっかりすることが多い)、登場する少年たちが妙に子どもっぽくなく(馬鹿騒ぎしない)、変に悪ぶってもいないといったところもいい。ハーパー・リーの『アラバマ物語』と一緒で、主人公は少年だが、語り手(主人公)がすでに大人になって、少年の日々を回想しているというところが、冷静で「子どもっぽくない」文章になっているのだと思う。

感想はたくさんありすぎて、何をどう書いたらいいのかまとまらないのだが、マキャモンはお気に入りに入れてもいい作家だと思う。気にいった作家の作品は、どこが気に入ったのかを説明するのが難しい。細かく例をあげて書いていたら、それこそきりがなくなるし、逆に一言で説明することも不可能に近い。読んでいて、ここは絶対嫌だという部分もないわけではないが(そこが南部的な不気味さなのかもしれないが)、全体として見た場合には、感覚的にはまったとしか言いようがない。

これが短編の場合、嫌な部分が目に付いてしまうと、それがその話全体に影響してしまうのだが(雰囲気を挽回するだけの量がない)、長編なら、それを全体の雰囲気がカバーできるというところが、短編よりも長編のほうが好きな理由かもしれない。

例えば、この中に出てくる「ザ・デーモン」という不気味な女の子のエピソードが、それぞれ短編であったなら・・・これは救われないし、書いた作家も好きにはならないだろう。しかし、いくつかのエピソードが重なって、こんな子でも同情の余地はあるんだと思えるようになるのが長編のいいところだと思う。

それにしても、本当に南部の話はハズレがない。それも特に「アラバマ」を舞台にしたもの。これはどうしてなのだろう?単に私の好みに合っているというだけかもしれないが。。。

(2004年02月05日)
スポンサーサイト

category: ロバート・マキャモン

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« GONE SOUTH (1992) 『遙か南へ』  | h o m e |  MINE (1990) 『マイン』 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1714-c95c8d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。