08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

サーカスの息子 


2013.06.15
Sat
05:08

■原書

A Son of the Circus/John Irving (著)
マスマーケット: 704 p ; 出版社: Ballantine Books (Mm) ; ISBN: 0345389964 ; Reprint 版 (1995/10/01)

A Son of the Circus/John Irving (著)
ペーパーバック: 832 p ; 出版社: Black Swan ; ISBN: 055299605X ; (1995/09/01)

A Son of the Circus (Ballantine Reader's Circle)/John Irving (著)
ペーパーバック: 672 p ; 出版社: Ballantine Books ; ISBN: 0345417992 ; Reprint 版 (1997/05/01)



■翻訳書

サーカスの息子〈上〉 John Irving collection 1989-1998/ジョン アーヴィング (著), John Irving (原著), 岸本 佐知子 (翻訳)
単行本: 451 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4105191063 ; 上 巻 (1999/10)
内容(「BOOK」データベースより)
カナダで整形外科医として成功しているダルワラは、ボンベイ生まれのインド人。数年に一度故郷に戻り、サーカスの小人の血を集めている。彼のもうひとつの顔は、人気アクション映画『ダー警部』シリーズの覆面脚本家。演じるのは息子同然のジョン・Dだが、憎々しげな役柄と同一視されボンベイ中の憎悪を集めている。しかも、売春街では娼婦を殺して腹に象の絵を残すという、映画を真似た殺人事件まで起きる始末。ふたりは犯人探しに乗り出すのだが。

サーカスの息子〈下〉 John Irving collection 1989-1998/ジョン アーヴィング (著), John Irving (原著), 岸本 佐知子 (翻訳)
単行本: 484 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4105191071 ; 下 巻 (1999/10)
内容(「BOOK」データベースより)
連続娼婦殺人犯は、とうとうダルワラとダーの間近にまで迫ってきた!犯人はいったい何者で、狙いは何なのか。事の真相は、二十年前のゴア海岸に遡る。ダルワラは、張形とともに旅していたヒッピー娘を助けるが、彼女こそ犯人のゼナナ―女装の売春夫を唯一目撃していたのだ。ダルワラやダー、そして担当刑事の記憶の糸を繋ぎあわせていくうちに、意外な人物が浮かび上がってくる。犯人逮捕は出来るのか…。そんな折り、ダーと生き別れとなった双子の片割れがアメリカからやってくる。神父見習いの生真面目な宣教師マーティンが、とんでもない騒動を次々に起こして。



[MY OWN REVIEW]
A Son of the Circus (1994)
スポンサーサイト

category: ジョン・アーヴィング

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« The Imaginary Girlfriend  | h o m e |  ピギー・スニードを救う話 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1693-44840cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。