08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ウォーターメソッドマン 


2013.06.15
Sat
04:55

■原書

The Water-Method Man/John Irving (著)
マスマーケット: 384 p ; サイズ(cm):
出版社: Ballantine Books ; ISBN: 0345367421 ; Reissue 版 (1990/07/01)

The Water-Method Man/John Irving (著)
ペーパーバック: 272 p ; サイズ(cm):
出版社: Ballantine Books ; ISBN: 034541800X ; (1997/05/01)

The Water-method Man (Black Swan S.)/John Irving (著)
ペーパーバック: 399 p ; サイズ(cm):
出版社: Black Swan ; ISBN: 0552992070 ; (1986/12/31)



■翻訳書

ウォーターメソッドマン〈上〉/ジョン アーヴィング (著), John Irving (原著), 川本 三郎 (翻訳), 岸本 佐知子 (翻訳), 柴田 元幸 (翻訳)
文庫: 341 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4102273069 ; 上 巻 (1993/07)
内容(「BOOK」データベースより)
〈ある種の感染症〉により、放尿時の異常な痛みに苦しむ男、フレッド・トランパーは、古代低地ノルド語で書かれた神話を研究する大学院生である。将来の見込みは殆どない。しかもスキーのアメリカ代表選手ビギーを妊娠させたことで父の逆鱗に触れ、援助を絶たれてしまう。息子コルムも生まれたものの、トランパーの生活はいっこうに落ち着かない…。ファニーで切ない青春小説。

ウォーターメソッドマン〈下〉/ジョン アーヴィング (著), John Irving (原著), 川本 三郎 (翻訳), 岸本 佐知子 (翻訳), 柴田 元幸 (翻訳)
文庫: 352 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4102273077 ; 下 巻 (1993/07)
内容(「BOOK」データベースより)
トランパーは遂に家出し、旧友メリルに会うためウィーンへ飛ぶが、行方不明だった彼はドナウ河で水死していたことがわかる。その上、帰国してみれば、妻ビギーはトランパーの親友と結婚していた。傷心のトランパーはニューヨークで映画製作に加わり、トゥルペンという女性と暮らし始めるが…。現実から逃げ続けてきたトランパーに救いは訪れるのか?コミカルな現代の寓話。



[MY OWN REVIEW]
The Water-Method Man (1972)
スポンサーサイト

category: ジョン・アーヴィング

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 158ポンドの結婚  | h o m e |  熊を放つ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1686-e2eb3c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。