05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

熊を放つ 


2013.06.15
Sat
04:45

■原書

Setting Free the Bears/John Irving (著)
ペーパーバック: 280 p ; サイズ(cm):
出版社: Ballantine Books ; ISBN: 0345417984 ; Reprint 版 (1997/06)

Setting Free the Bears (Black Swan S.)/John Irving (著)
ペーパーバック: 383 p ; サイズ(cm):
出版社: Black Swan ; ISBN: 0552992062 ; (1986/06/20)

Setting Free the Bears/John Irving (著)
マスマーケット: 352 p ; サイズ(cm):
出版社: Ballantine Books (Mm) ; ISBN: 0345367413 ; Reprint 版 (1990/05/01)



■翻訳書

熊を放つ〈上〉/ジョン アーヴィング (著), John Irving (原著), 村上 春樹 (翻訳)
文庫: 390 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 中央公論社 ; ISBN: 4122025397 ; 改版 版 上 巻 (1996/02)
内容(「BOOK」データベースより)
ウィーンの市庁舎公園で出会った二人の若者ジギーとグラフ。中古のロイヤル、エンフィールド700CCを駆り、オーストリアの田舎を旅する二人が見つけたものは、美しい季節の輝きと、手足のすらりとした女の子ガレン。すべてはうまく運ぶはずだった。ジギーが、動物園襲撃などという奇妙な計画を持ち出すまでは…。瑞々しく、痛々しく、優しく、そして未完成な青春を描くジョン・アーヴィングの処女長篇。

熊を放つ〈下〉/ジョン アーヴィング (著), John Irving (原著), 村上 春樹 (翻訳)
文庫: 341 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 中央公論社 ; ISBN: 4122025400 ; 改版 版 下 巻 (1996/02)

※村上春樹訳となっているが、最終的に翻訳を仕上げたのは柴田元幸ほか数名である。



[MY OWN REVIEW]
Setting Free the Bears (1968)

村上春樹訳とされる翻訳が良くないので中断。そのうちいつか原書を読み終えたら感想を書きます。
スポンサーサイト

category: ジョン・アーヴィング

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ウォーターメソッドマン  | h o m e |  John Irving Profile »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1685-e60091bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。