07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

壊れやすいもの 


2013.05.22
Wed
04:42

壊れやすいもの壊れやすいもの
(2009/10/30)
ニール・ゲイマン

商品詳細を見る

★・・・読書中・・・★

語り手が消えたあとにも、この物語はきっと残る。壊れやすいものは、本当は、きっと強い。
スポンサーサイト

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

« ニール・ゲイマン『壊れやすいもの』の翻訳  | h o m e |  猫たちの冬 »

コメント

感想
『コラライン』の作者ファンタジー作家のニール・ゲイマンだが、指輪のようなハイファンタジーでもなく、ハリポタのようなエブリデイ・マジックでもない、ブラッドベリ的な独特の世界が詰まった短編集。その世界自体は好き。しかし、翻訳者が嫌い。何度読み返しても日本語として辻褄が合わない部分があるし、「本書について」の訳では、現在活躍中の作家マイケル・シェイボンをチャボンと表記するなど、信じられない訳をしている。本当に英米文学の教授ですか?と思う。ネット検索ですぐ出て来るのだから調査を怠っているとしか思えないし、例えシェイボンを知らなかったとしても、チャボンと読むことは英語として有り得ないのではないか?
【2013/06/03 17:50】
URL | schazzie #uoSKjgR6 *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://allman.blog39.fc2.com/tb.php/1681-279169c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。