12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

虹の谷のアン 


2015.01.31
Sat
03:37

虹の谷のアン (完訳クラシック赤毛のアン 7)虹の谷のアン (完訳クラシック赤毛のアン 7)
(1999/11)
L.M モンゴメリー

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
子どもたちの中に自分を見る母としてのアン。 アンの夢や希望は今、次世代へと繰り返されて・・・。自分の人生はもう終わったなどと、めったなことではいわないほうがいい。物語はもう終わりだと思ったころに、運命のいたずらな手がページをくって、ちがう章を見せてくれるものだ。


<Schazzie's Comment>

『赤毛のアン』のシリーズはたくさん出ているけれど、【完訳クラシック赤毛のアン】シリーズの装丁が大人っぽくて気に入り、全巻揃えたはいいが、シリーズ途中で読むのを中断してはや何年?という感じ。最近なかなか面白い本にお目にかかれないので、お気に入りの全集物を読み返す日々。そういえば、『赤毛のアン』全集を読破していなかったことを思い出し、7巻目から再開することにした。

ただし、『赤毛のアン』の元気さはとても素敵だと思うけれど、こちらが疲れている時に読むと余計に疲れてしまうので、時期を選ぶ読み物でもある。読み始めからすでに登場人物たちのおしゃべりに圧倒されているし。そうそう!この人たちは噂話が大好きなんだったっけ。でも、ジェイン・オースティンの小説だって、エリザベス・ギャスケルの小説だって、面白いのはそういう噂話の部分だったりする。そういう部分が人間の人間らしいところなんだろうなと思う。

今現在の私にアンの元気さについていけるだけの体力があるかどうか・・・。ともあれ、ムーミンシリーズでどっぷり浸った北欧の静謐なイメージを離れ、生命力の溢れるカナダの自然と人間関係に飛び込んで行こうと思う。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

小さなトロールと大きな洪水 


2015.01.26
Mon
04:55

小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)小さなトロールと大きな洪水 (講談社文庫)
(2011/09/15)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
ムーミンパパはいないけど、もう待っていられない! 冬がくる前に家を建てようと、おさないムーミントロールとママは、おそろしい森や沼をぬけ、荒れ狂う海をわたり、お日さまの光あふれるあたたかい場所をめざします。仲のよいムーミン一家にこんな過去があったなんて。スニフがまだ、名前をもたず、「小さな生きもの」だったころのお話。

本作『小さなトロールと大きな洪水』は、第二次世界大戦直後の混乱期に小冊子として出版され、長らく絶版となっていたものです。ムーミンシリーズとしてよく知られている8作が完結した21年めの1991年に、ようやく本として出版されました。つまり、書かれた時期でいえば、ムーミン童話シリーズの記念すべき第1作なのです。そう思ってみれば、画家であったトーベ自身の手になるムーミンの挿し絵もどこか、ほかの本とはちがったものになっています。そんなことも楽しみながら、手にとってみてください。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

ムーミン谷の十一月 


2015.01.26
Mon
04:40

新装版 ムーミン谷の十一月 (講談社文庫)新装版 ムーミン谷の十一月 (講談社文庫)
(2011/09/15)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
ものさびしい気配がおしよせるムーミン谷の十一月。ムーミン一家に会いたくて、ムーミン谷へ行きたくて、集まってくる六人。ムーミンママになぐさめてもらいたいホムサ、ひとりでいるのがこわくなったフィリフヨンカ、自分でないなにかになりたいヘムレンさん、養女にいった妹のミイに会いたくなったミムラねえさん、ずっと昔にいったムーミン谷の小川で気ままにすごしたくなったスクルッタおじさん、五つの音色をさがしにムーミン谷へもどったスナフキン。ところが、ムーミン屋敷はもぬけのから。待てど暮らせどムーミン一家はもどってきません。六人の奇妙な共同生活がはじまります。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

明日の子供たち 


2015.01.20
Tue
18:12

明日の子供たち明日の子供たち
(2014/08/08)
有川 浩

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
三田村慎平・やる気は人一倍の新任職員。和泉和恵・愛想はないが涙もろい3年目。猪俣吉行・理論派の熱血ベテラン。谷村奏子・聞き分けのよい“問題のない子供”16歳。平田久志・大人より大人びている17歳。想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている!児童養護施設を舞台に繰り広げられるドラマティック長篇。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

すべての神様の十月 


2015.01.15
Thu
03:49

すべての神様の十月すべての神様の十月
(2014/06/21)
小路 幸也

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
榎本帆奈は驚いた。金曜日の夜、行きつけのバーで隣り合ったハンサムな男性は、死神だったからだ。帆奈に召喚されたという死神は、いままで一度も「幸せ」を感じたことがないらしい。なぜなら「幸せ」を感じた瞬間、死神は…(幸せな死神)。池内雅人は貧しかった。貧乏神に取り憑かれていたのだ。ツキに見放された人生だったが、そんな人生を自ら「小吉人生」と称して楽観視していた。一方、貧乏神には雅人に取り憑かなければならない“理由”があった。なぜなら雅人が並々ならぬ…(貧乏神の災難)ほか、4篇。神様たちの意外な目的が胸を打つ短篇集。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

ムーミンパパ海へいく 


2015.01.13
Tue
04:39

新装版 ムーミンパパ海へいく (講談社文庫)新装版 ムーミンパパ海へいく (講談社文庫)
(2011/08/12)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
毎日が平和すぎてものたりないムーミンパパは、ある日、ムーミンママとムーミントロール、ちびのミイをつれて海をわたり、あれはてた島の灯台守になります。植物も育たない岩だらけの島になじめないムーミンママは、部屋の壁にムーミン谷の絵を描いては、そこで眠ってしまうように。いっぽうムーミントロールは、美しいうみうまに出会い、追いかけてきた氷の精モランと夜ごと会うという秘密をもってしまい……。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

ムーミン谷の仲間たち 


2015.01.06
Tue
05:53

新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫)新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫)
(2011/07/15)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
ムーミンシリーズ唯一の短編集。

・スナフキンが、小さな「はい虫」に名前をつけてやるお話。
・空想力豊かなホムサをちびのミイがぺてんにかけるちょっとこわい話。
・たつまきがフィリフヨンカのすべてを飛ばしてしまったお話。
・ムーミントロールが小さい竜をつかまえたお話。
・やさしいヘムレンさんがホムサたちのためにおかしな公園をつくるお話。
・いじめられて、すがたが見えなくなってしまった女の子、ニンニのお話。
・ムーミンパパがニョロニョロといっしょにいなくなってしまうお話。
・よくばりなスニフがなぜかだいじな犬を手放すお話。
・「クリスマス」というものがやってくるので、大騒ぎをして準備をするムーミン一家のお話。

9つのお話では、ムーミン谷のおなじみの登場人物が新しい面を見せてくれます。これを読めば、あなたの中にあるムーミン谷がますます豊かで印象深いものに。

内容(「BOOK」データベースより)
すてきなムーミン一家を中心に北国のムーミン谷にすむ仲間たちの楽しい生活を描いた九つの短編集。ムーミントロールの親友で孤独と自由を愛する詩人のスナフキン、空想力豊かなホムサ、おくびょうでなき虫のスニフ…。国際アンデルセン大賞受賞作家ヤンソンの詩情あふれる楽しいファンタジー。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

紙コップのオリオン 


2015.01.02
Fri
05:00

紙コップのオリオン紙コップのオリオン
(2013/08/20)
市川 朔久子

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
中学2年生の橘論里は、実母と継父、妹の有里と暮らしている。ある日、学校から帰ると、母親が書き置きを残していなくなっていた。一方、学校では、轟元気と河上大和、そして水原白とともに、創立20周年記念行事の実行委員をやることに。記念行事はキャンドルナイト。校庭に描くことになった冬の星座に思いをはせながら、論里は自分と、自分をとりまく人たちのことを考えはじめる。『よるの美容院』で講談社児童文学新人賞受賞待望の第2作!

category: CHILDREN

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。