03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

あの川のほとりで(下) 


2012.04.28
Sat
23:52

■原書

Last Night in Twisted River: A NovelLast Night in Twisted River: A Novel
(2010/06/15)
John Irving

商品詳細を見る


■翻訳書

あの川のほとりで〈下〉

¥ 2,415

§…読書中…§

※追っ手を逃れてニューハンプシャーからボストンへ、そしてヴァーモントへ移り住んだ料理人とその息子。成人した息子は作家として成功し、父親となるが、やがて愛する者たちを次々に失ってしまう。運命に導かれるように、気づけば彼は故郷の町の川のほとりに辿り着き、かつて自分を守ってくれた樵の物語を書き始める―。


|MY OWN REVIEW|

やはりアーヴィングは面白い。ニューヨークタイムズ紙のミチコ・カクタニが「この作品はアーヴィングの特徴のショーケースである」と言っているように、これまでのアーヴィング作品を思い出しながら、面白く読めた。後半、時系列に沿わなくなってからもアーヴィングらしい周到さで話が見えなくなることはなかった。また時間をかけて少しずつ詠んだが、アーヴィングは詳細に書き込む作家だから、時間がたっても細かい部分を忘れることもなかった。登場人物が死んだと書かずに過去形で語るところなどは、スタインベックの書き方を彷彿とさせる。物語を組み立てていく描写は、アーヴィングもこんな風に書いていくのだろうかと興味深く読んだ。
スポンサーサイト

category: ジョン・アーヴィング

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

あの川のほとりで 


2012.04.24
Tue
15:22

あの川のほとりで〈上〉

¥ 2,415

※図書館で借りたのが読み終わらず、でも面白いので途中でやめたくないし、そもそもアーヴィングの本は全部買うことにしているので、結局Amazonで購入。

あの川のほとりで〈下〉

¥ 2,415

※上巻を買うなら当然下巻も購入。

category: ジョン・アーヴィング

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

あの川のほとりで(上) 


2012.04.09
Mon
04:11

■原書

Last Night in Twisted River: A NovelLast Night in Twisted River: A Novel
(2010/06/15)
John Irving

商品詳細を見る


■翻訳書

あの川のほとりで〈上〉/ジョン・アーヴィング

¥ 2,415

§…読書中…§

※追っ手を逃れてニューハンプシャーからボストンへ、そしてヴァーモントへ移り住んだ料理人とその息子。成人した息子は作家として成功し、父親となるが、やがて愛する者たちを次々に失ってしまい。運命にみちびかれるように、気づけば彼は彼は故郷の町の川のほとりにたどり着き、かつて自分を守ってくれた樵の物語を書き始める―。


|MY OWN REVIEW|

久しぶりに大好きなアーヴィングの世界に浸れてとても嬉しい。最初は図書館で借りて読んでいたが、結局購入。いい文学が自分の手元にあるというのは幸せ。内容については下巻を読み終えてから。

category: ジョン・アーヴィング

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

熊を放つ(上) 


2012.04.02
Mon
03:02

熊を放つ 上(村上春樹翻訳ライブラリー i- 1)

¥ 1,365

§…読書中…§

※既成の文学観の埒外とも言うべき、アーヴィングのマッシブな小説世界はここから始まった―骨太、大胆、エキサイティングで予測不能。傲慢なまでの若々しさと、青春小説の特別な輝きに満ちたデビュー作。

★アーヴィングは大好きだが、村上春樹翻訳というので今まで読まずにいた。アーヴィングと村上春樹は真反対の対局にある作家だと思うから。この本は《村上春樹 翻訳ライブラリー》というシリーズだが、実際に村上春樹はちゃんと訳してはいない。柴田元幸とか今をときめく翻訳家たちが、大勢で春樹の後始末をしている。だから村上春樹訳ではないと思って読むことにした。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。