08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

絢爛たる屍 


2006.09.29
Fri
00:55

『絢爛たる屍』/ポピー・Z・ブライト (著), Poppy Z. Brite (原著), 柿沼 瑛子 (翻訳)
文庫: 392ページ 出版社: 文藝春秋 (2003/06) ASIN: 416766125X サイズ (cm): 15 x 11

内容(「BOOK」データベースより)
脱獄した連続殺人鬼。ひそかに凄惨な殺人を繰り返す富豪の青年。生きた者を愛せぬ二人の男が傷心の美青年と出会ったとき、爛れた地獄が口を開けた…。倒錯性愛と頽廃の美を描く異能の女流作家ブライトの耽美的にして残虐な傑作。エキゾティックな妖都ニューオーリンズの闇の底、狂気と背徳の愛が甘い腐臭を発して蠕動する。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

Welcome To Tamptation 


2006.09.26
Tue
22:57

『Welcome to Temptation』/Jennifer Crusie (著)
ペーパーバック: 400ページ 出版社: Pan (2001/4/6) ASIN: 0330482335

内容(「BOOK」データベースより)
詐欺師の家系に生まれながら堅気の道を誓い、結婚式のビデオ撮影業を細々と営んできたソフィ。今度のロケ地は牧歌的で保守的な田舎町テンプテーション―ただし撮るのは落ち目の女優クレアの再起を賭けたプロモーションビデオ(という名のポルノ)だ。ソフィは天敵である“ハンサム・お坊ちゃま・プレイボーイ”タイプの町長フィンを警戒しつつ、濡れ場のシナリオのために彼と寝ることを決意する。そんななか謎の死体が見つかり、なぜだかソフィも狙われ始め…。
-- 続きを読む --

category: MYSTERY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

サイレント・ジョー 


2006.09.25
Mon
00:01

『サイレント・ジョー』/T・ジェファーソン・パーカー
文庫: 646ページ 出版社: 早川書房 (2005/9/22) ASIN: 4151758518

内容(「BOOK」データベースより)
赤ん坊の頃、実の父親から硫酸をかけられ顔に大火傷を負ったジョーは、施設にいるところを政界の実力者ウィルに引き取られた。彼は愛情をこめて育てられ、24歳になった今は、保安官補として働いている。その大恩あるウィルが、彼の目の前で射殺された。誘拐されたウィルの政敵の娘を保護した直後のことだった。ジョーは真相を探り始めるが、前途には大いなる試練が…アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞に輝く感動作。

category: MYSTERY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

レギュレイターズ(上) 


2006.09.20
Wed
22:50

『レギュレイターズ(上)』/リチャード・バックマン
文庫: 379ページ 出版社: 新潮社 (2000/11) ASIN: 4102193510

内容(「BOOK」データベースより) オハイオ州の閑静な住宅街で起きた突然の発砲事件。奇妙なワゴン車から発せられた銃弾が、非情にも、新聞配達の少年の命を奪った。だが、悲劇はそれだけでは終わらなかった。SFアニメや西部劇の登場人物たちが、次々と街頭に現れては、住民たちを無差別に襲撃しはじめたのだ!書簡、日記、映画シナリオ―さまざまな仕掛けに加え、暴力とスピード感に溢れた傑作パニックホラー。
-- 続きを読む --

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

デスペレーション(下) 


2006.09.20
Wed
22:44

『デスペレーション(下)』/スティーヴン・キング
文庫: 535ページ 出版社: 新潮社 (2000/11) ASIN: 4102193243

内容(「BOOK」データベースより)
警官の魔手を逃れた生存者たちは、荒れ果てた映画館で息をひそめていた。作家マリンヴィルは、一行を導く少年の持つ神がかりの能力に気づき、この一件に人知を超えた力が及んでいることを知る。さらに、多くの鉱夫を生き埋めにした落盤事故が過去に起きたことが判明。警官を狂気に追い込んだのは、犠牲者の怨念なのか?かくして、殺戮を繰り返す悪の正体が、ついに明かされる。

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

デスペレーション(上) 


2006.09.18
Mon
22:36

『デスペレーション(上)』/スティーヴン・キング
文庫: 584ページ 出版社: 新潮社 (2000/11) ASIN: 4102193235

内容(「BOOK」データベースより)
ネヴァダ州の砂漠を突っきるハイウェイ50。一人の警官が、通りがかる人々を次々と拉致していた。彼らが幽閉されたのは、デスペレーションという名の寂れた鉱山町。しかも、町の住民はこの警官の手で皆殺しにされていた。妹を目前で殺された少年デヴィッドは、神への祈りを武器に、囚われの人々を救おうとするが…善と悪、生命と愛という荘厳なテーマに挑む、キング畢生の大作。

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

マイン(下) 


2006.09.16
Sat
00:52

『マイン(下)』/ロバート・R・マキャモン
単行本: 325ページ 出版社: 文藝春秋 (1992/03) ASIN: 416313140X

出版社より
1990年度ブラム・ストーカー賞受賞作。第十長篇にして、マキャモンがホラー小説に「決別」したとされる区切りの一作。スーパーナチュラルな恐怖は排除され、サスペンス/犯罪小説の範疇に収まる作品となっている。

60年代の過激派活動の記憶をいまも抱えるメアリー。当時の妄執が臨界点を超え、狂気の域に達したとき、彼女はかつての恋人への「供物」として捧げるべく、幼い赤ん坊を誘拐、逃亡した。その子の母ローラは、幸福な生活をなげうって息子のために立ち上がり、かくてふたりの女の壮絶な戦いが開始される。

超自然的要素は皆無だが、物語自体は「恐怖」に照準が合わされている。動乱の60年代への郷愁をいくらか匂わせはするが、これまでにないほど叙情味や物語の「遊び」も排されており、徹底的な逃亡と追跡の物語、ひとりの子どもをめぐる激情の物語となっている。猛然と疾駆するヘヴィな力感は圧倒的で、ほかのマキャモン作品とは印象を異にする。マキャモン最大の異色作であるかもしれない。

※画像は文庫のもの
-- 続きを読む --

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

マイン(上) 


2006.09.12
Tue
00:51

『マイン(上)』/ロバート・R・マキャモン
単行本: 371ページ 出版社: 文藝春秋 (1992/03) ASIN: 4163131302

出版社より
1990年度ブラム・ストーカー賞受賞作。第十長篇にして、マキャモンがホラー小説に「決別」したとされる区切りの一作。スーパーナチュラルな恐怖は排除され、サスペンス/犯罪小説の範疇に収まる作品となっている。

60年代の過激派活動の記憶をいまも抱えるメアリー。当時の妄執が臨界点を超え、狂気の域に達したとき、彼女はかつての恋人への「供物」として捧げるべく、幼い赤ん坊を誘拐、逃亡した。その子の母ローラは、幸福な生活をなげうって息子のために立ち上がり、かくてふたりの女の壮絶な戦いが開始される。

超自然的要素は皆無だが、物語自体は「恐怖」に照準が合わされている。動乱の60年代への郷愁をいくらか匂わせはするが、これまでにないほど叙情味や物語の「遊び」も排されており、徹底的な逃亡と追跡の物語、ひとりの子どもをめぐる激情の物語となっている。猛然と疾駆するヘヴィな力感は圧倒的で、ほかのマキャモン作品とは印象を異にする。マキャモン最大の異色作であるかもしれない。

※画像は文庫のもの
-- 続きを読む --

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

天球儀文庫 


2006.09.11
Mon
00:33

『天球儀文庫』/長野まゆみ
文庫: 189ページ 出版社: 河出書房新社 (2005/11) ASIN: 4309407684 VV 内容(「BOOK」データベースより)V ケンタウリ・プロキシマ。“星の名前”を教えてくれた宵里という名の少年は、いつもアビを魅了してやまない。ソォダ水のはじける音、天使の枕、流星群の観測…秋の新学期から、翌年の夏期休暇まで、二人が過ごした一年足らずの日々を描く。幻の初期作品四冊が、今一冊になって甦る。

目次
・月の輪船
・夜のプロキオン
・銀星ロケット
・ドロップ水塔

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

月明かりの闇 


2006.09.10
Sun
20:22

『月明かりの闇―フェル博士最後の事件』/ジョン・ディクスン・カー
単行本: 374ページ 出版社: 原書房 (2000/03) ASIN: 4562032928

内容(「BOOK」データベースより)
アメリカ南部の島ジェイムズ島にあるメイナード邸で、不可解な“事件”が頻発する。何者かに案山子が盗まれたり、武器室の斧が消えるという。さらに主人メイナードの言動も理解しがたかった。そうしたなかで殺人が起こる。鈍器で頭部を殴られたようだった。しかも殺人現場には、被害者以外の足跡がなかった。メイナード邸に客として招待されていたギデオン・フェル博士は、そこで最後の謎に挑むことになる。足跡のない殺人と限定された容疑者、百年前の惨劇と伝説、そして意外な真実とその動機。名探偵フェル博士の最後を飾る、長編本格ミステリ。
-- 続きを読む --

category: MYSTERY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。