04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

秘めやかな約束 


2006.05.31
Wed
22:55

『秘めやかな約束』/ローリ・フォスター (著), Lori Foster (原著), 石原 未奈子 (翻訳)
文庫: 373 p ; サイズ(cm): 15 x 11 出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789722457 ; (2004/04)

出版社/著者からの内容紹介
25歳のうぶな女性グレイスは、自分の雇い主である老婦人のハンサムな孫ノアに3年前からひそかに思いを寄せていた。ノアはもうじき、彼にふさわしい美女と結婚することになっていた。ところが、ある日、意外なことが起きた。突然、ノアが婚約を一方的に破棄したのだ。周囲から激しく非難される彼をグレイスはただひとり懸命にかばう。が、グレイスの思いを知ったノアが彼女に提案したのは、とても危険で官能的な契約だった……。アメリカの人気作家が描くあまりにも熱く甘いロマンスの世界。
スポンサーサイト

category: ROMANCE

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

天体議会─プラネット・ブルー 


2006.05.29
Mon
22:51

『天体議会(プラネット・ブルー)』/長野 まゆみ (著)
文庫: 207 p ; サイズ(cm): 15 x 11 出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309404243 ; (1994/08)

内容(「BOOK」データベースより)
水蓮との友情。兄との確執。自動人形と噂される謎の少年との不思議な出会い。そして少年たちをのせた船は、南へと出航したのか。兄を想う少年・銅貨をめぐって、星の少年たちの孤独を描いた、長野まゆみの“星の王子さま”―。
-- 続きを読む --

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

満月と血とキスと 


2006.05.26
Fri
18:58

『満月と血とキスと』/シャーレイン・ハリス (著), Charlaine Harris (原著), 林 啓恵 (翻訳)
文庫: 415 p ; サイズ(cm): 15 x 11 出版社: 集英社 ; ISBN: 4087604462 ; (2003/10)

内容(「BOOK」データベースより)
なかなかの美人なのに、人の心が読めてしまうという“障害”のせいで、これまで恋人ができなかったウエイトレスのスーキー。でも、ビルとならうまくいくかもしれない。青白く輝く肌、吸い込まれるような瞳、美しい鼻筋、すべてが魅力的。ただ、彼がヴァンパイアでさえなければ、完璧だった。そう、夜しか“命”を得られず、血に飢えるあまり、殺人さえ犯していなければ…。ヴァンパイアとの恋につきまとう連続殺人事件の驚くべき真相とは。アンソニー賞(世界最大のミステリー大会、バウチャーコン(Bouchercon)主催。アントニー・バウチャー(Anthony Boucher)の業績を称えての称号。ファンが投票で決めるというところが重要な賞のひとつ)受賞。

●【Anthony Award 2002 Best Paperback Original】
Winner : Dead Until Dark (Charlaine Harris)

category: MYSTERY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

オールド・エース 


2006.05.22
Mon
00:43

『オールド・エース』/E・アニー・プルー (著), Annie Proulx (原著), 米塚 真治 (翻訳)
単行本: 403 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: 集英社 ; ISBN: 4087734218 ; (2004/09)

出版社/著者からの内容紹介
日系企業の新入社員ダラーは養豚施設建設のため米中南部へ赴き、地元の利害関係や価値観に直面し試行錯誤。土地の有力者の提唱する自然回帰思想にも賛同できず独自の生き方をしようと決意する。

category: FICTION

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ハリー・ポッターと謎のプリンス(下) 


2006.05.19
Fri
01:14

『ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)』/J. K. ローリング (著), J. K. Rowling (著), 松岡 佑子 (翻訳)
単行本: 出版社: 静山社 ; ISBN: 4915512576 ; (2006/05/17)

BOOKSスタッフ レビュー
16才になったハリーポッター。ロンやハーマイオニーとの関係も、それぞれが大人に向かっていくなかで微妙に変化していく。一段と成長したハリーの新しい恋人は誰なのか? 「混血のプリンス」の存在を知るハリー。宿敵ヴォルデモートとの戦いで、裏切りによる悲しい別れがハリーを襲う。ハリーの運命を予言した第5巻に続き、第6巻では過去の謎が解き明かされる。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ハリー・ポッターと謎のプリンス(上) 


2006.05.17
Wed
19:51

『ハリー・ポッターと謎のプリンス (上)』/J.K.ローリング, 松岡 佑子
単行本: 493 p ; サイズ(cm): 22 出版社: 静山社 ; ISBN: 4915512584 ; 上 巻 (2006/05)

内容(「MARC」データベースより)
17年前の予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かうハリーに、ダンブルドアの個人教授が始まる。予言は実現するのか? ヴォルデモートの過去に迫るシリーズ第6弾。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

米国同時多発テロの「謀略史観」解析―真犯人は国際イルミナティ三百人委員会だ! 


2006.05.15
Mon
01:30

『米国同時多発テロの「謀略史観」解析―真犯人は国際イルミナティ三百人委員会だ!』/週刊日本新聞 (編集)
単行本: 127 p ; サイズ(cm): 21 x 15 出版社: 三交社 ; ISBN: 4879195804 ; (2001/11)

内容(「BOOK」データベースより)
MI6(英国)元諜報員、元米軍関係者、共和党米大統領候補者リンドン・ラルーシュ、元英国テレビキャスターなど海外アナリストの、マスメディアでは絶対扱わない“危ない”最新・最深の情報を基に「週刊日本新聞」編集主幹太田龍が読み解く「911テロ」の全真相。
-- 続きを読む --

category: NONFICTION

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

大いなる秘密「爬虫類人」(レプティリアン)〈上〉超長期的人類支配計画アジェンダ全暴露!! 


2006.05.13
Sat
01:02

『大いなる秘密「爬虫類人」(レプティリアン)〈上〉超長期的人類支配計画アジェンダ全暴露!!』/デーヴィッド・アイク (著), David Icke (原著), 太田 龍 (翻訳)
単行本(ソフトカバー): 588 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: 三交社 ; ISBN: 4879191450 ; 上 巻 (2000/08)

内容(「BOOK」データベースより)
ついに、人類を陰で操作する超巨悪の正体を掴まえた!!超長期的人類完全支配計画アジェンダ全暴露!!イルミナティ世界権力の本拠地、英米のド真ん中に出現した超々ラディカルな大著。驚嘆・感嘆・興奮させる掛け値なし血わき肉躍る「世界を変えてしまう著作」。

内容(「MARC」データベースより)
地球原人を操作して家畜人化した「爬虫類人」とは? そして彼らの代理人として人類支配を行う秘密結社の正体とは? 超長期的人類支配計画アジェンダの全貌を明らかにする。

category: NONFICTION

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

夜明けのヴァンパイア 


2006.05.11
Thu
00:28

『夜明けのヴァンパイア』/アン・ライス (著), 田村 隆一 (翻訳)
文庫: 554 p ; サイズ(cm): 15 x 11 出版社: 早川書房 ; ISBN: 415040464X ; (1987/09)

内容(「BOOK」データベースより)
「私がヴァンパイアとなったのは、25歳の時、1791年のことだ…」彼はそう語りはじめた。彼の前にはテープレコーダーが置かれ、一人の若者が熱心に彼の言葉に聞き入っている。彼は語る。アメリカからヨーロッパへ、歴史の闇を歩き続けた激動の200年間のことを。彼をヴァンパイアとした“主人”吸血鬼レスタトのこと、聖少女クロウディアとの生活、東欧の怪異、訪れた破局。―伝説の存在、吸血鬼への驚愕すべきインタヴュー。世界的ベストセラーとなった大作!

※画像は原書 『Interview With the Vampire』

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

わが手に雨を 


2006.05.07
Sun
22:38

『わが手に雨を』/グレッグ・ルッカ (著), Greg Rucka (原著), 佐々田 雅子 (翻訳)
単行本: 427 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4163233601 ; (2004/09)

内容(「BOOK」データベースより)
雨の夜。故郷ポートランドに帰りついたミム・ブラッカを待っていたのは何者かの襲撃だった。監禁され、数時間後に解放されたミム。敵の狙いは何か?バンドから一時帰宅を言い渡され、失意の底にあったミムは、敵が卑劣な罠を仕掛けていたことを知る。ネットに流された盗撮写真―それは地に落ちたミムの名誉に、さらなる汚泥を塗りたくるものだった。かつて母を轢き殺した父の帰還。愛してやまぬ養父母への思い。過去の苦い記億。アルコールに溺れる自分…。すべてを失ったミムは決意する―苦痛に満ちた過去と向き合い、見えざる敵に立ち向かおうと。もう自分には嘘はつくまいと。傷つき、孤独に震える女の苦闘。引き裂かれた親子の再生。タフでリリカルな筆致で描かれる、現代ハードボイルドの俊英の最新長篇。清新な感動をもたらすハードボイルド・サスペンス。

category: MYSTERY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。