01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

錬金術 


2006.02.27
Mon
23:08

『錬金術』/マーガレット・マーヒー (著), 山田 順子 (翻訳), Margaret Mahy
単行本: 319 p ; サイズ(cm): 20 出版社: 岩波書店 ; ISBN: 400115577X ; (2005/11/19)

内容(「MARC」データベースより)
教師に脅され、風変わりな女生徒ジェスの身辺を調べることになったローランド。幽霊屋敷のようなジェスの家を訪ねるうち、ローランドは驚くべき真実を、そして、自分が幼い頃からとりつかれている悪夢の正体を知ることに・・・。
スポンサーサイト

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

銀のキス 


2006.02.26
Sun
22:24

『銀のキス』/アネット・カーティス・クラウス, 柳田 利枝, Annette Curtis Klause
単行本: 222 p ; サイズ(cm): 19 出版社: 徳間書店 ; ISBN: 4198613303 ; (March 2001)

出版社/著者からの内容紹介
重い病気で入院している母、仕事と病院通いに追われる父、転校していく親友…孤独な16歳の少女ゾーイは、夜の闇の中で出会った、やはり孤独そうな美しい少年サイモンに惹かれていく。だが彼は普通の人間ではなく「呪われた種族」だった…。生と死、孤独と恋のときめき、現実の世界と信じがたい恐怖。さまざまな糸で織りあげられた魅惑的な物語。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ラジオスター レストラン 


2006.02.25
Sat
00:47

『ラジオスター レストラン』/寮 美千子 (著) ,小林 敏也
単行本: 340 p ; 出版社: パロル舎 ; ISBN: 4894190265 ; (December 1996)

カバーの折り返し
高原列車の小さな駅『十一月の町』。ペルセウス座流星群が降りそそぐ『星祭り』の晩、少年ユーリとイオは、流れ星を数えに禁をおかして神聖な『ギガント山』へはいる。そこで出会ったのは、滅びたはずの古生物『牙虎』だった。追いかけるふたり。行きついたところは、謎の博士がいる電波天文台。ブリキの玩具のような旧式のロボットが、にこやかにユーリを出迎える。「ラジオスター・レストランへようこそ」と。電波天文台のほんとうの姿は?謎の博士の正体は? 物質の記憶と輪廻転生をめぐる壮大なファンタジー。降りしきる時間のかけらのなかでくりひろげられるスピリチュアルな冒険。ぼくはかつて星だった、いつか恐竜だった。これは、いま生きているこの瞬間の自分と、未来の地球への、愛の物語だ。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行く 


2006.02.24
Fri
00:16

『少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行く』/長野 まゆみ (著)
単行本: 61 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: 河出書房新社 ; ISBN: 4309007414 ; (January 1992)

内容(「MARC」データベースより)
ニッケル月が輝く夜、アリスは卵の殻に絵の具で色を付けていた。そこへシロウサギが通りかかり、アリスはウサギを追って不思議の国へ…。「少年アリス」の幻のイラストレーションとお話をカップリング。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

トワイライト(2)血は哀しみの味 


2006.02.23
Thu
00:19

『トワイライト(2)血は哀しみの味』/ステファニー・メイヤー (著), Stephenie Meyer (原著), 小原 亜美 (翻訳)
単行本: 253 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789726339 ; 2 巻 (2005/08)

出版社 / 著者からの内容紹介
ラブ&ブラッド! ヴァンパイア・ロマンスシリーズ第2弾。どこから来たの? どうやって生きてきたの?わからないことばかりだけど大好きなの。エドワードの正体を知ったベラは心を決めた・・・。

category: ROMANCE

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ネアラ1 記憶をなくした少女と光の竜 


2006.02.21
Tue
23:34

『ネアラ1 記憶をなくした少女と光の竜』/ティム・ワゴナー (著), 安田 均 (翻訳), 柘植 めぐみ (翻訳)
単行本: 445 p ; サイズ(cm): 21 x 15 出版社: エンターブレイン ; ISBN: 4757724683 ; 1 巻 (2005/10/28)

出版社 / 著者からの内容紹介 森の中で目覚めたとき、少女には記憶がなかった。唯一覚えているのはNearra(ネアラ)という名前だけ。3匹のゴブリンに追いかけられ、雌のグリーン・ドラゴンのSlean(スレアン)に食べられそうになったところを、白ローブの魔術師Maddoc(マドック)とその従者でレンジャーの少年Davyn(ダヴィン)に助けられるが……。魔法、神々、ドラゴン、騎士道、ダンジョンがフル登場の冒険物語!

内容(「BOOK」データベースより)
全世界5000万部、米ファンタジーの金字塔『ドラゴンランス』が満を持して贈る、少年少女から大人まで読める完全新作。記憶をなくした少女ネアラは、行く先々で導かれるように女戦士やエルフ、モンスターを仲間にする。しかし、そこには仕組まれたワナが…。威厳があって優しく、親しみのもてる銅竜、高圧的で残虐だがシニカルな魅力がある緑竜。エルフに黒ドワーフ、ミノタウロス、ゴブリン、オーガーなど、旅の仲間はもちろん、悪役ですら魅力的。大峡谷、古代都市が眠る地下迷宮、忘れられた神殿…。今、大冒険が始まる。

category: FANTASY

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア 


2006.02.20
Mon
23:21

『トワイライト(1)愛した人はヴァンパイア』/ステファニー・メイヤー (著), Stephenie Meyer (原著), 小原 亜美 (翻訳)
単行本: 270 p ; サイズ(cm): 19 x 13 出版社: ソニーマガジンズ ; ISBN: 4789726029 ; 1 巻 (2005/08)

内容(「MARC」データベースより)
雨と霧の街フォークスに転校してきたイザベラは、異彩を放つひとりのクラスメートに惹かれていく。だがその美しいゴールドの瞳には、恐ろしい秘密が隠されていたのだった…。ヴァンパイア・ロマンスシリーズ第1弾。
-- 続きを読む --

category: ROMANCE

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ナイトワールド(下) 


2006.02.18
Sat
05:46

『ナイトワールド(下)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 広瀬 順弘 (翻訳)
文庫: 385 p ; サイズ(cm): 15 x 11 出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594013716 ; 下 巻 (1994/03)

内容(「BOOK」データベースより)
太陽の運行を狂わせ、無数の殺人虫を放って殺戮を繰り返すラサロムの前に、世界は大混乱に陥っていた。グレーケンは、ラサロムを滅ぼすための剣をふたたび手に入れるべく、仲間をルーマニアとハワイへ向かわせる。はたして、ラサロムが完全な成長を終える前に、剣を手に入れることができるのか?そして、太陽を失った「夜の世界」では、ラサロムとグレーケンの最後の決戦の火蓋が切って落とされようとしていた。『ザ・キープ』『マンハッタンの戦慄』『触手』の登場人物が総登場するウィルスン・ホラーの集大成。

※画像は原書 『Nightworld』
-- 続きを読む --

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

ナイトワールド(上) 


2006.02.13
Mon
02:15

『ナイトワールド(上)』/F・ポール・ウィルスン (著), F.Paul Wilson (原著), 広瀬 順弘 (翻訳)
文庫: 407 p ; サイズ(cm): 15 x 11 出版社: 扶桑社 ; ISBN: 4594013708 ; 上 巻 (1994/03)

内容(「BOOK」データベースより)
1941年、ルーマニア奥地の城塞で、光の剣の使い手グレーケンによって滅ぼされた「永劫なる魔性」ラサロム。しかしラサロムは驚くべき復活を遂げ、いまふたたび世界を恐怖と混乱のどん底へと叩きこもうとしていた。宿敵の復活を知ったグレーケンは、かつてラサロムと闘った〈始末屋〉ジャック、ライアン神父、バルマー医師らと共に、ラサロムの野望を阻止すべく立ち上がった。傑作『ザ・キープ』のグレーケンとラサロムの最後の対決を描き、伝奇ホラー六部作〈ナイトワールド・サイクル〉の掉尾を飾る超大作。

※画像は原書 『Nightworld』
-- 続きを読む --

category: HORROR

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

事件の核心 


2006.02.12
Sun
02:14

『事件の核心』/グレアム・グリーン (著), Graham Greene (原著), 小田島 雄志 (翻訳)
文庫: 537 p ; サイズ(cm): 15 x 11 出版社: 早川書房 ; ISBN: 4151200339 ; (2005/12)

内容(「BOOK」データベースより)
西アフリカの植民地で警察副署長を務めるスコービーは、芸術家肌で気まぐれな妻ルイーズに手を焼いていた。南に移住したいという妻の願いを叶えるため、彼は地元の悪党に金を借りて費用を作り、彼女を送り出す。間近に迫った彼の引退まで別居生活となるが、それが彼女の希望だった。だが、やもめ暮らしをはじめたスコービーの前に、事故で夫を失った若い女ヘレンが現われ…英文学史上に燦然と輝く恋愛小説の最高傑作。
-- 続きを読む --

category: FICTION

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。