05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

忘れられた巨人 


2016.03.14
Mon
05:44

忘れられた巨人
早川書房
カズオ イシグロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 忘れられた巨人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容紹介
『わたしを離さないで』から十年。待望の最新長篇!アクセルとベアトリスの老夫婦は、遠い地で暮らす息子に会うため、長年暮らした村を後にする。若い戦士、鬼に襲われた少年、老騎士……さまざまな人々に出会いながら、雨が降る荒れ野を渡り、森を抜け、謎の霧に満ちた大地を旅するふたりを待つものとは――。 失われた記憶や愛、戦いと復讐のこだまを静謐に描く、ブッカー賞作家の傑作長篇。
スポンサーサイト

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

シェルシーカーズ(下) 


2016.02.01
Mon
03:31

シェルシーカーズ〈下〉
朔北社
ロザムンド ピルチャー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シェルシーカーズ〈下〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
長年憧れ続けた、あの場所へ帰るという夢。父や母と暮らし、友人や愛する人と過ごしたあの場所。若い希望のような二人を旅の友として。懐かしい友との再会。そして父が昔、仲間たちと作った美術館で、ペネラピは再び『シェルシーカーズ』に語りかける。本当の豊かさとは?家族とは?と問いかけるピルチャー長編代表作。




シェルシーカーズ〈下〉
朔北社
ロザムンド ピルチャー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シェルシーカーズ〈下〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

シェルシーカーズ 


2015.12.23
Wed
18:05

シェルシーカーズ〈上〉
朔北社
ロザムンド ピルチャー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シェルシーカーズ〈上〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
心筋梗塞をおこし病院から退院したばかりの老齢を迎えたペネラピは、生きることへの喜びを感じつつ、これからの人生をおろそかにしないと誓う。すでに成人した三人の子どもたち。画家の娘として生まれ、家族や友人たちと過ごしたロンドンやコーンワルの日々。戦争中の間違った結婚。そして新たな恋…忘れていた過去の思い出が蘇る…戦前、戦中、戦後を描くイギリスのベストセラー作家長編代表作。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

GRANTA JAPAN with 早稲田文学02 


2015.11.27
Fri
03:34

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02
早川書房
カズオ・イシグロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容紹介
英語圏最大の文芸誌グランタが選んだベストの中のベスト!歴代の「若手ベスト作家特集」に選ばれた158人から厳選。カズオ・イシグロによる最新長篇『忘れられた巨人』冒頭2章をいち早く掲載するほか、ジャネット・ウィンターソン、ジョナサン・サフラン・フォア、ダニエル・アラルコンなど、日本でも人気の作家による本邦初訳9作品が登場!さらに、窪美澄、藤野可織、島田雅彦、堀江敏幸、黒田夏子といった日本の実力派8人の新作書き下ろしも。


GRANTA JAPAN with 早稲田文学 01
早川書房
村田沙耶香

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GRANTA JAPAN with 早稲田文学 01 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

category: FICTION

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

キャロリング 


2015.07.16
Thu
05:20

キャロリング
幻冬舎
有川 浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャロリング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
クリスマスにもたらされるささやかな奇跡の連鎖―。有川浩が贈るハートフル・クリスマス。

※話が季節的にかなり外れているのだけれど、ずっと前に図書館に予約してあったものが今頃順番が来たので仕方ないですね。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

家畜人ヤプーの館 


2015.05.02
Sat
04:08

家畜人ヤプーの館
登口 安吾
文芸社
2015-03-01


§…読了…§

知人の昆さんの書いた本を買ったので、早速読んでみました。

内容紹介
本書は、1970年から3年間、タイトルと同じ「家畜人ヤプーの館」というSMクラブを経営していた著者が、当時を振り返り描いた記録小説である。「人は誰もがそれぞれ心の中に闇を抱えているのではないかと思う」という格調高い一文で始まる本書は、SMを精神論にまで高め、また当時の時代背景にも言及し、文学的要素をも散りばめた稀有な小説である。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

ブロードアレイ・ミュージアム 


2015.03.20
Fri
04:26

ブロードアレイ・ミュージアムブロードアレイ・ミュージアム
(2009/03)
小路 幸也

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容(「BOOK」データベースより)
唯一の堅気者、新人キュレーター・エディ、魅力的な赤毛の美女“ダンシング”メイベル、100キロの巨漢“ベビーベッド”ブッチ、ベビーフェイスの伊達男“キッド”バーンスタイン、滅多にしゃべらない寡黙な“セイント”モース、そして、物に触れるだけで未来の悲劇を読み取ってしまう不思議な少女フェイ。悲劇を阻止すべく、BAMの面々は事件解決に乗り出す。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

娘の結婚 


2015.03.13
Fri
02:02

娘の結婚娘の結婚
(2013/07/25)
小路 幸也

商品詳細を見る

§…読了…§

今年26歳になる実希に、結婚を考えている相手がいるらしい。17年前、妻の佳実が事故で亡くなって以来、孝彦が大切に育て上げた娘。その相手というのは、幼馴染みの古市真くんだった。実は、生前の妻は古市夫人と折り合いが悪かったようなのだ。孝彦は真くんに会う決心がつかず……。新たな門出を心から祝うために、父が最後にできること――。思わず涙があふれる、感動の家族小説。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

アンをめぐる人々 


2015.02.28
Sat
15:38

アンをめぐる人々 (完訳クラシック赤毛のアン 10)アンをめぐる人々 (完訳クラシック赤毛のアン 10)
(2000/02/18)
L.M. モンゴメリー

商品詳細を見る

§…読書中…§

内容紹介
「赤毛のアン」シリーズの最終巻。完訳本。素朴で真剣な村人の生活を、深い洞察力とユーモアで愛情ゆたかに描いた、「アンの友だち」につづく短編集。「かわいいファティマ」「入り江の結婚式」ほか。

category: FICTION

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

Lois the Witch 


2015.02.19
Thu
10:17

Lois the Witch (Hesperus Classics)Lois the Witch (Hesperus Classics)
(2003/07/01)
Elizabeth Cleghorn Gaskell

商品詳細を見る

§…読書中…§

久しぶりに大好きなギャスケルです。
これに関しては、読み流すのではなく精読したいと思います。

Recently orphaned, Lois is forced to leave the English parsonage that had been her home, and sail to America. A Godfearing and honest girl, she has little to fear in this new life. Yet as she joins her distant family, she finds jealousy and dissention are rife, and her cousins quick to point the finger at the 'impostor'. With the whole of Salem gripped by a fear of the supernatural, it seems her home is where she is in most danger. Lonely and afraid, the words of an old curse return to haunt her.

<著者について>
Friend and collaborator with Charles Dickens and Wilkie Collins, Elizabeth Gaskell (1810-1865) is a leading figure in Victorian literature. Writer of award-winning biographies of Mrs Gaskell and William Hogarth, and author of The Lunar Men, 1760-1820, Jenny Uglow is vice president of the Gaskell Society.

category: FICTION

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。